埼玉県内グルメを堪能「サイクルエキスポ2019」2月16、17日さいたまで開催 今年の目玉は「ロードレースの楽しみ方講座」

  • 一覧

 埼玉県は、国内最大級の自転車イベント「埼玉サイクルエキスポ2019」をさいたまスーパーアリーナ(さいたま市中央区)で2月16、17両日に開催する。131の企業・団体(今月1月21日現在)が出展し、最新モデルの自転車や関連グッズの展示・即売のほか、試乗会などを実施する。入場は無料。

さいたまスーパーアリーナで開催された「埼玉サイクルエキスポ2018」 Photo: Naoi HIRASAWA

 今回の目玉は「ロードレースの楽しみ方講座」。現役の選手や有識者がレースの見どころや楽しみ方を分かりやすく教えてくれる。自転車と埼玉の魅力を発信する女性グループ「ポタガール」が県内のサイクリングに適したスポットを紹介する。

 このほか、スーパーアリーナの屋外約900m、屋内約90mのコースでさまざまな自転車を試乗できる。見沼田んぼをめぐる約10kmのサイクリングツアーや子供向けの自転車教室なども開く。昨年4月から加入が義務化された自転車保険の相談も受け付けている。けやきひろばでは20店舗が出店し、県内グルメを堪能できる。

 サイクルエキスポの開催は今年で6回目で、昨年は約2万8000人が来場した。上田清司知事は「埼玉は自転車関連企業も多く『自転車王国・埼玉』という実績がある」と強調し、イベントを通じて「県民に自転車の有用性や楽しみ方を知ってほしい」と語った。

産経新聞・埼玉版より)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

埼玉県

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載