メカニック養成が2020年4月スタート東京サイクルデザイン専門学校の系列コースが大阪で開講へ 説明会を1月27日・2月23日開催

  • 一覧
関西で唯一の自転車を学ぶメカニックコースが誕生 ©水野学園

 「東京サイクルデザイン専門学校」の系列校である「専門学校ヒコ・みづのジュエリーカレッジ大阪」が、関西初となる「自転車メカニックコース」(認可申請中)を2020年4月に開講する。それに先駆け、学校説明会を1月27日(日)と2月23日(土)に開催する。

 同コースは、自転車を学ぶ日本初の専門学校として6年前に開校した東京サイクルデザイン専門学校の系列コースで、スポーツ工学デザイン科自転車メカニックコースという位置づけとなる。同等の教室設備や授業のノウハウ、就職支援体制などを備え、2年間にわたってスポーツバイクを中心にメカニック技術に特化した課題を展開。「スポーツバイクメカニック検定試験」(SBM)の合格を最終目標とする。

目標はスポーツバイクメカニック検定試験(SBM)の合格レベル。スポーツバイクを中心としたメカニック技術に特化した課題内容 ©水野学園

 また、スポーツバイクを販売するための商品やブランドへの知識を深め、あらゆる自転車のメンテナンス方法や即戦力としての接客術、ショップ運営をしていくための事業計画の立案など、現場で働く意識を習得する。さらにはフィッティング概論やイベントプランニング、さらには救急処置、身体ケアやテーピング実習など人体に関わる知識や、道路交通法をはじめとする総合的な“自転車環境”に関する実地授業も実施する。

少人数制のクラス編成と担任制を導入 ©水野学園

 クラスは少人数編成でクラス担任制をとっており、授業や生活面について担任講師が指導に当たるという。

 1月27日(日)、2月23日(土)に行う説明会では、就職や学費サポート、学生寮についてなどキャンパスライフについて詳しく説明する。当日は個別の相談も受け付けている。

自転車メカニックコース概要

・スポーツ工学デザイン科自転車メカニックコース(認可申請中)
・2年制(昼間・男女)
・定員28人
・初年度納入金:140万円 ※別途工具・教材・その他学納金

学校説明会

・日程:2019年1月27日(日)、2月23日(土)※要予約
・時間:13時~15時
・会場:専門学校ヒコ・みづのジュエリーカレッジ大阪
・住所:大阪府大阪市西区北堀江2-14-3
・アクセス:長堀鶴見緑地線「西大橋駅」3番出口から徒歩3分

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

東京サイクルデザイン専門学校

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載