新製品情報2019ドイツ発「バイクアヘッド」のホイールが日本上陸 カーボンロードホイールが発売

  • 一覧

 ドイツの自転車パーツブランドbikeahead(バイクアヘッド)の日本国内展開が、ポディウムの扱いでスタートした。2018年に「デザイン&イノベーションアワード」を受賞した、ディスクブレーキ仕様のロードホイール「biturboRoad」(ビターボロード)を発売する。コンプレッション構造によって軽さと剛性を両立したアイテムだ。

ディスクブレーキ仕様ながら前後セットで1139gと軽量の「ビターボロード」 ©BIKEAHEAD

品質を追求したドイツ製品

 バイクアヘッドはドイツで誕生した自転車パーツブランド。パーツの設計・製造を一貫してドイツ国内で行っている。全ての製品は走行中の負荷テストシミュレートや、外部機関のテストで耐久性のチェックを行うなど、品質に妥協はない。

2018年に「デザイン&イノベーションアワード」を受賞した ©BIKEAHEAD

 ビターボロードは6本のスポークで構成されるディスクブレーキ仕様のカーボンクリンチャーホイール。コンプレッション構造を採用することによって、一般的な金属スポークのホイールよりも高い剛性を誇る。重量はディスクブレーキ仕様でありながら1139gと軽量。チューブレスにも対応し、流行の規格も押さえた。

 自転車業界で最も優れた性能を持つ製品を称える「デザイン&イノベーションアワード」を2018年に受賞するなど、世界的にも評価されているホイールだ。

■ビターボロード
税抜価格:499,800円
重量:1139g(前後セット)
リムハイト:34mm
リム内幅:20mm
フリーボディ:シマノ・スラム、カンパニョーロ
重量制限:95kg(ライダー+パーツ)
ブレーキ規格:センターロック
スルーアクスル:12×100、12×142
付属:ホイールバッグ、リムテープ、チューブレスバルム

関連記事

この記事のタグ

バイクアヘッド ホイール 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載