五輪出場枠獲得へ前進男子ケイリンで新田祐大、女子オムニアムで梶原悠未が銅メダル トラックW杯第5戦

  • 一覧

 ニュージーランドのケンブリッジで開催されている、トラック競技のワールドカップ第5戦で1月19日、日本勢が2個の銅メダルを獲得した。新田祐大が男子ケイリン、梶原悠未が女子オムニアムでそれぞれ3位入賞。2020年の東京オリンピック出場枠獲得に向けて貴重なポイントを重ねた。

個人種目では自身初のW杯メダル獲得となった新田祐大(右) Photo: 2019 JCF

 ワールドカップは18日から20日までの3日間で行われている。大会初日の18日の団体種目ではメダルに届かなかった日本勢だが、2日目に結果を残した。

男子ケイリン決勝、僅差で3位に入った新田祐大(左) Photo: 2019 JCF

 男子ケイリンの新田は予選1着から順調に決勝へ進出。決勝は残り半周から猛然と追い上げを見せ僅差の3着に入った。2012年のロンドン五輪代表で長く日本の短距離チームを牽引する存在ながら、個人としては初めてのワールドカップでのメダル獲得。新田は「これに満足せず今後の日本の競輪・自転車競技のためにももっと活躍できるように頑張りたい」とレース後に語った。

 女子オムニアムの梶原は、昨シーズンのワールドカップで2勝を挙げているものの、オリンピックの出場枠争いが始まった今シーズンの表彰台は初。強豪相手にも臆することないレースを見せ、世界トップクラスの選手とも対等に走れる力を見せた。

女子オムニアムで梶原悠未が銅メダル Photo: 2019 JCF
女子オムニアムで銅メダルを獲得した梶原悠未(右) Photo: 2019 JCF

男子ケイリン
1 エドワード・ドーキンス(ニュージーランド)
2 クェンティン・ラファルグ(フランス)
3 新田祐大(日本)
7 渡邉一成(JPC/日本)

女子オムニアム
1 アネット・エドモンドソン(オーストラリア)131点
2 アリソン・べバレッジ(カナダ)123点
3 梶原悠未(日本)113点

関連記事

この記事のタグ

トラックレース 日本ナショナルチーム

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載