知事や市長がパレードで着用ツアー・オブ・ジャパン「いなべステージ」がオリジナルジャージのデザインを公募

  • 一覧

 日本最大のステージレース「ツアー・オブ・ジャパン」(TOJ)の「いなべステージ」を主催する「いなべステージ実行委員会」が、大会オリジナルジャージのデザインを公募している。応募の締め切りは2月4日午後5時まで。いなべ市は三重県の最北端に位置する市で、2015年からTOJのステージに加わった。2019年大会では中里ダム周辺の特設コースで5月21日、第3ステージとして開催される。

オリジナルジャージを着る日沖靖いなべ市長と、鈴木英敬三重県知事(写真右) ©いなべステージ実行委員会

 いなべステージオリジナルサイクルジャージは毎年作成・販売されている。大会の盛り上げを担う一方、その収益は大会の経費にも充てられてきた。またレース当日のパレード走行では、三重県知事やいなべ市長が着用している。いなべステージ実行委員会は、ジャージの公募を行うことで、いなべの名前を発信し、広く大会のPRに繋げたいとしている。

オリジナルジャージ制作用テンプレート ©いなべステージ実行委員会

 デザインはいなべステージのウェブサイト上からデザインフォーマットをダウンロードして行う。印刷しての手書き、またはイラストレーター(aiファイル)などデジタルデータでの応募となる。「いなべステージ」であることが明確に分かるデザインが求められる。デザインや応募に関する詳しい規定はいなべステージウェブサイト上に記載。大賞に選ばれると賞金3万円のほか、製品化したジャージが1点提供される。

2019 TOJいなべサイクルジャージコンテスト

募集期間:2019年1月18日~2月4日17時必着
応募方法:郵送またはデータで送付 ※形式はIllustrator、手書き、Word、PowerPointなど問わず
郵送先:〒510-0592 三重県いなべ市藤原町市場115 2019TOJ いなべステージ実行委員会事務局宛
メール:toj.inabestage@gmail.com
賞金:3万円(大賞)、ジャージを無償で1点提供
発表方法:いなべステージ公式ウェブサイト上で発表

この記事のタグ

ツアー・オブ・ジャパン2019

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載