両国から高崎まで、房総エリア外で初ハルヒルへサイクル列車「B.B.BASE」出発進行! JR東日本が5月18、19日運行

  • 一覧
「ハルヒル」で運行されることになったB.B.BASE=両国駅、2018年4月 Photo: Kenta SAWANO

 「ハルヒル」の愛称で親しまれ、高崎市の榛名山を舞台に繰り広げられる自転車レース「第7回榛名山ヒルクライムin高崎」(5月18、19日)の参加者を対象に、JR東日本のサイクルトレイン「B.B.BASE」が両国―高崎間で初めて運行されることになった。

「B.B.BASE」は「BOSO BICYCLE BASE(房総バイシクルベース)」の略称で、自転車をそのまま乗せて目的地まで移動できるサイクリング専用列車。昨年1月から両国駅を発着して千葉県の房総エリアで運行されている。6両編成で定員は99人。

 ハルヒルでの運行は、来年春の大型観光企画「群馬デスティネーションキャンペーン(DC)」のプレDCの一環として企画された。5月18日に往路、翌19日に復路を運行する。高崎市は「房総エリア外では初運行となり、ハルヒルが盛り上がるはず」と期待する。

 JR東日本の旅行商品として販売され、募集人員や料金などは調整中で2月中旬に決定するという。
 ハルヒルの参加者は今月19日午後1時から募集を開始する。今回も脚力に応じて榛名湖、榛名神社、初心者の3コースを設定。昨年は7619人がエントリーするなど全国でも屈指のヒルクライム大会に成長している。
 列車についての問い合わせは、JR東日本高崎支社販売促進課(027・320・7111)、ハルヒルについては実行委員会事務局(027・374・6715)。

産経新聞・群馬版より)

関連記事

この記事のタグ

サイクルツーリズム 大会・イベント情報 群馬県

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載