「オフトレの成果を感じられた」與那嶺恵理がツアー・ダウンアンダーを完走 チームの区間勝利と山岳ジャージ獲得をサポート

  • 一覧

 アレ・チポッリーニに所属する與那嶺恵理が1月9日から13日の日程で開催された「サントス・ウィメンズ・ツアー・ダウンアンダー」に参戦し、アシストとしての仕事を全う。第4ステージの勝利や、山岳賞(KOM)ジャージ獲得というチームメートの好成績をサポートしながら完走を果たした。

アシストとして最高の形でツアー・ダウンアンダーを終えた與那嶺恵理(アレ・チポッリーニ) Photo: Yuzuru SUNADA

 シーズン初戦となるオーストラリアでのレースに挑んだ與那嶺は、チームメートでスプリンターのクロエ・ホスキング(オーストラリア)のステージ勝利を目指すべくレースを展開。また、山岳コースに強いナディア・クアリオット(イタリア)のKOMジャージ獲得のためのアシストが主な役割となった。

ナディア・クアリオット(イタリア)が山岳ジャージを獲得(写真左) Photo: Yuzuru SUNADA
総合優勝はアマンダ・スプラット(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット) Photo: Yuzuru SUNADA

 季節は真夏。オーストラリア選手権を終え、トップコンディションで臨む地元選手たちが快走するなか、與那嶺もオフのトレーニング効果を実感しながら好調さをアピールした。中間ポイントからフィニッシュに至るまで、オールラウンドにチームメートをけん引した。結果的にホスキングが最終ステージで優勝。クアリオットも山岳ポイントで逆転されることなく、KOMジャージを守り切った。チームとしては良い状態でシーズン初戦を終えたアレ・チポッリーニ。次戦は26日に開催される「カデル・エヴァンス・グレートオーシャン・ロードレース」に挑む

 本人のコメントは以下の通り。

 ダウンアンダー、シーズン初戦の4日間ステージレースでしたが、無事に終えることができました。

 第1ステージはローリングステージ。アレ・チポッリーニのチームで初レースです。クロエのステージ優勝を目的にレースを進めました。が、不発で10位。こんな日もあります。しかし、ナディアの山岳が強い! KOM(山岳賞)ジャージを獲得! 私は仕事をしながら元気にゴールしました。チームキャプテンのロミーに褒められてその気になります。トップコンディションのオージーは元気です(汗)。

 第2ステージは上りゴールです。いきなりGC(総合成績)が確定する日です(汗)。「どうやらEriは仕事ができそうだ」ということで全ての仕事を行うこととなりました(大汗)。アタックのチェック、ナディアのフォロー、最後は彼女を全力で送り出しました。私は久しぶりのオールアウト感を味わいながら、ゴール。今日は連携がうまく行かず、ちょっとストレスがありました。オージーはとても元気です(大汗)。

 第3ステージも上りゴール。KOMリーダーのナディアとアマンダのポイントが近いので、絶対にKOMジャージを守りきり確定させること。これをミッションにしました。私は今日もお仕事全開です! が、流石に少し脚にキています。ナディアをフォローしながら最初のKOMポイントまで送り出し、しっかりポイント獲得! これでKOMジャージを確定です。ホッとしました。

チームメートの好成績を支えた與那嶺恵理(アレ・チポッリーニ) Photo: Yuzuru SUNADA

 あとは上りの周回へなだれ込み、もうヘロヘロでゴール。今日はアデレード在住の日本人の応援が多く、とても嬉しかったです! しかし、ミッチェルトン列車が速い。オージーたちはトップコンディションです(大汗)。

 第4ステージはクリテリウムです。とにかく安全に、全てはクロエの優勝のために。ということでレースはスタート。クロエはスプリントポイントではサラロイに大きく差をつけられていますが、オーストラリア最強のスプリンターということでプライドもあり、途中のポイントもトップで通過を繰り返し、なんと、あと一歩で逆転まで詰め寄ります。

 私は、多くの落車を避けて前方でフォローを繰り返しながら、ラスト3周からお仕事開始。“アレトレイン”を作り、先頭固定でほぼ1周をし、安全な位置で次のチームメイトへ。そして、クロエは最後はこじ開けて見事に優勝!!! ナディアのKOMも確定でき、最高のダウンアンダーとなりました! 私は“脚パン”でしたが、仕事が優勝という最高の形で報われて嬉しい限り。

 自分としては、オフトレーニングの成果を十分に感じられたシーズン初戦となりました。レース感も昨年より磨かれ、あとは上りのパンチ力をダイエットで取り戻します!

 レース後はビールステージです。優勝したクロエのごちそうでイタリアン。その後のジェラートはナディアのごちそうです。夜は私のパーソナルスポンサーの「オアンダ」のKazさんとゆっくりビールタイム。武井コーチは極寒の日本ですね。お仕事お疲れ様です。次のレースは「カデル・エヴァンスカップ」。1週間乗り込みをし、翌週の26日です!

全てを力に変えて
與那嶺 恵理

関連記事

この記事のタグ

UCI女子ワールドツアー 女子ロードレース 與那嶺恵理

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載