アジア選手権トラック2019・最終日女子ケイリンで小林優香、女子マディソンで梶原悠未・古山稀絵ペアが金メダル

  • 一覧

 インドネシア・ジャカルタで開催されたトラックレースのアジア選手権は1月13日、最終日となる5日目の競技が行われ、日本チームは女子ケイリンで小林優香が金メダル、また女子マディソンで梶原悠未・古山稀絵ペアが金メダルを獲得した。

女子ケイリン、小林優香(左)が見事な追い込みで金メダル © 2019 JCF

 この日は男女のマディソンなどが行われた。マディソンは各チームが2人でペアを組み、タッチで交代しながら、10周ごとに設けられたスプリント周回の通過順位に応じたポイント合計を競うレース。交代のタイミングや、ハイスピードでのタッチワークが見ものだ。

女子マディソン、古山稀絵(右)が走者交代で梶原悠未(左)をハンドスリング © 2019 JCF
梶原悠未(中央左)・古山稀絵(中央右)のペアが女子マディソンで金メダル © 2019 JCF

 女子マディソンは昨年のアジア大会の雪辱を晴らすべく梶原・古山ペアが出場。レースでは、好位置でレースを進める古山からハンドスリング(交代時に前走者が次走者を“投げる”ことで加速させる)を受けた梶原が、持ち前のスプリント力を生かす形を主に得点を重ね、韓国とマッチレースの状態で終盤へ。倍点となる最終フィニッシュのスプリントで韓国に先着し、日本はマディソンで連覇を果たした。

 この種目で昨年に続いて2連勝となった梶原は、「今までのアジアのレースとは全く異なる厳しいレース展開。それを二人で乗り越え勝てて本当にうれしい」とコメント。古山は「今後のワールドカップでアジアチャンピオンジャージを着れることを誇りに思う」と喜びを語った。

男子マディソンで銅メダルとなった窪木一茂(左)と橋本英也(右)のペア © 2019 JCF

 男子マディソンは窪木一茂・橋本英也のペアで出場。中盤で韓国と中国に先行を許し3位、銅メダルとなった。

 女子ケイリンはスプリントと同じく小林優香と太田りゆが出場し、ともに決勝へ進出。決勝では目まぐるしく展開が動くなか、見事な追い上げを見せた小林が1着。五輪メダリストが複数存在し、レベルの高いアジア選手権女子ケイリンでは15年ぶりの日本人によるチャンピオンとなった。小林は「今大会は勉強になることもあり、次のワールドカップ、世界選手権に向けてしっかり仕上げていきたい」と次のステップへと意気込みを述べた。

小林優香(中央)が女子ケイリンで15年ぶりの金メダルを日本にもたらした © 2019 JCF

男子マディソン
1 韓国 81点
2 中国 41点
3 日本(窪木一茂・橋本英也)33点

女子ケイリン
1 小林優香(日本)
2 リー・ワイジー(ホンコンチャイナ)
3 ゾン・ティエンシー(中国)
4 太田りゆ(日本)

女子スクラッチ
8 鈴木奈央

女子マディソン
1 日本(梶原悠未・古山稀絵)28点
2 韓国 23点
3 ウズベキスタン 14点

男子ジュニアオムニアム
5 高橋舜(日本)112

女子ジュニアケイリン
7 飯田風音(日本)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

トラックレース ナショナルチーム

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載