【Teamユキヤ通信】ダウンアンダークラシック新城幸也の2019年が開幕、クリテリウムは無事ゴール 「とにかくレースを走るのが楽しみ」

  • 一覧

 バーレーン・メリダの新城幸也が1月13日、今シーズン最初のレース、オーストラリアでのダウンアンダークラシックに出場した。2日後の15日から20日までの6日間、UCIワールドツアーの今季開幕戦「サントス・ツアー・ダウンアンダー」に参戦する。

2019初戦のダウンアンダークラシックを走った新城幸也 Photo: Miwa IIJIMA / CorVos

 ダウンアンダークラシックは、ツアー・ダウンアンダー本戦に先駆けて行われる、顔見せ的なクリテリウムレース。オーストラリア南部、アデレード市内のライミルパーク周辺、1周1.7kmのコースを29周回で行われた。

 バーレーン・メリダはフィル・バウハウス(ドイツ)でのスプリント勝負狙い。新城はレース前半から終始、集団前に位置してレースの主導権争いに加わった。しかし残り5周を切った頃から激しい位置取り争いが始まり、残り2周回ではスプリントを託されていたバウハウスが落車に巻き込まれてしまうアクシデント。集団は真っ二つに分かれてしまった。

ダウンアンダー名物のコアラやカンガルーとのふれあいコーナーにて Photo: Miwa IIJIMA / Cor Vos

 バウハウスの真後ろにいたという新城だが、落車は間一髪で回避。先頭集団に復帰して最終周回へと入ったが、残り500mのコーナーで集団前方で再度落車が発生した。前周の落車からの復帰に脚を使って集団後方にいた新城は、直前で回避して転倒こそしなかったものの完全にストップすることに。最終的には先頭から55秒差の43位でフィニッシュした。

 レースを終えた新城は、「2019年もレースをスタートできたことに嬉しく思います。2度も危なかったが、なんとか無事にゴールできて良かった。前半、中盤は調子も良く過ごせたし、明日からのレース(ダウンアンダー)の準備は整いました。総合優勝経験者の(ローハン)デニスのいるチームで、とにかくレースを走るのが楽しみです」と意気込みを語っている。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ツアー・ダウンアンダー2019 新城幸也

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載