アジア自転車競技選手権大会2019脇本雄太がケイリン決勝で金メダルを獲得 チームパーシュートは男女ともに2位

  • 一覧

 インドネシアの首都、ジャカルタで開催中のアジア自転車競技選手権大会2日目、1月10日に行われた男子ケイリンで脇本雄太が圧巻の走りを見せ、金メダルを獲得した。チームパーシュートは男女ともに韓国に破れ、惜しくも2位という結果となった。

男性ケイリン決勝で金メダルを獲得した脇本雄太 ©2019 JCF

 男子ケイリンは2018年世界選手権銀メダリストの河端朋之、ワールドカップで優勝した脇本雄太、アジア大会銀メダリストの新田祐大の3人が出場。決勝で脇本がペーサー退避後からの先行で他を寄せ付けない走りを見せ完勝し、同大会3度目となる金メダルを獲得した。河端は3位、新田は6位に入賞した。

男性ケイリンの表彰式。金メダルを獲得した脇本雄太(写真中央)と銅メダルを獲得した河端朋之(右) ©2019 JCF

 エリートのチームパーシュートは男女ともに予選を2位で通過し、決勝の相手は韓国となった。予選のタイム1位の相手に、序盤は対等な走りを見せるも後半は隊列が乱れて失速。韓国に追い抜かれ、ともに銀メダルに終わった。チームパーシュートはオリンピック出場枠の獲得に向けて最低限のポイントは獲得したものの、残るワールドカップでの上位入賞が求められる厳しい立ち位置が続く。

 ジュニアでは男子チームパーシュートが決勝でカザフスタンとの接戦を制し、またパラサイクリングでは川本翔大が“貫禄勝ち”を見せ、それぞれ金メダルを獲得した。

■男子ケイリン
1 脇本雄太(日本)
2 ムハマド・シャローム(マレーシア)
3 河端朋之(日本)
6 新田祐大(日本)

■男子チームパーシュート
1 韓国
2 日本(窪木一茂、近谷涼、一丸尚伍、橋本英也)

■女子チームパーシュート
1 韓国
2 日本(中村妃智、梶原悠未、古山稀絵、吉川美穂)

■ジュニア男子チームパーシュート
1 日本(高橋舜、四宮寛人、岡本勝哉、生野優翔)4分17秒298

■ジュニア女子オムニアム
2 内野艶和

■パラサイクリング男子個人パーシュートC1-3
1 川本翔大 3分51秒057

■パラサイクリング男子Bスプリント
2 日本(木村和平、倉林巧和)

関連記事

この記事のタグ

トラック トラックレース 日本ナショナルチーム

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載