「強く締めればいい」は間違い!“感覚”で締めるのは危険 KTCの新デバイス「トルクル」が手持ちの工具でトルク値を可視化

by 後藤恭子 / Kyoko GOTO
  • 一覧

 サイクリングを楽しんだり、レースに出場したりと様々な楽しみを提供してくれる自転車。しかし実はとても繊細な乗り物で、少しの不具合が大事故につながってしまうこともある。そんなリスクの1つがボルトの締め付け。“緩み“だけでなく、カーボン素材が多用されているロードバイクでは締めすぎが破損の原因になる場合もある。ボルト周辺には指定のトルク値が示されているが、その強度を感覚で再現することは難しい。そんな曖昧な整備環境を改善してくれるのが京都機械工具(KTC)が開発したスマートデバイス「TORQULE」(トルクル)だ。

スマートフォン等を使ってトルク値を可視化できるKTCの「トルクル」。適正値に達すると画面の色がグリーンに変化するとともに音で知らせる Photo: Kyoko GOTO

手持ちの端末でデータ管理

トルクル単体と、アプリをインストールした端末画面 ©KTC

 トルクルは、ラチェットやドライバー等手持ちの工具を「デジタルトルクレンチ」に早変わりさせる変換器具だ。使い方はいたって簡単。専用の無料アプリ「Trasas Admin」をインストールしたスマートフォンやタブレットとBluetoothで同期したトルクルを工具に装着し、締め付け作業を行うと、かけたトルクの測定値が画面上に表示されるという仕組みになっている。

 作業を行う前にあらかじめ設定したトルク指定値に達すると、音や画面の変色で作業者に知らせる。締め付け不足・締め付けすぎという問題を回避できるため、結果として誰が作業を行っても適切な力での締め付けが可能になる。トルク値の変動や過去の測定履歴を残せるため、高精度の測定はもちろんデータ管理も容易にできる。

手持ちの工具をデジタルトルクレンチにできる(ラチェット、ソケットは別売り) Photo: Shusaku MATSUO
ラチェット装着時のトルクル。自転車に利用する場合、さらにトルクルの先にビットのソケットを取り付ける ©KTC
測定をボルトと同軸上で行うため、長さの違うレンチやハンドルの角度が変わるフレックスタイプ、ドライバ型ハンドル等工具を選ばず高精度なトルク測定ができる ©KTC

誰でも正確な作業が可能に

 実際に『Cyclist』編集部員・松尾修作がトルクルを試してみた。「バイクインプレッション」の記事を担当し、普段からバイクのメンテナンスも自分で行う自称「エキスパート」だ。

『Cyclist』編集部の松尾修作が実際に「トルクル」をインプレッション。自分のトルク感覚を数値化するのは実は今回が初めて Photo: Kyoko GOTO

 ステムのネジのトルク指定値は最大で「5.2N・m(ニュートンメートル)」、シートポストには「7N・m」と書かれている。松尾は自力でこれらの値を出すことができるのか、はじめに画面を見ずに感覚で締めてみた。

 まずはハンドルを固定するステムの部分を締め込む。指定値を設定し、ゆっくりとラチェットを回していく。値が可視化されることに少々慎重気味な松尾。最大「5.2」という値を過小評価したようで、「あれ?まだかな?」と画面を覗き込んだ。指定値に近づくにつれ、画面が何度かグレーに点滅。最終的に指定値に達したところで、「ピコーン」という音とともに画面の色がグリーンに変化した。

ハンドルバーを固定するステムのネジは最大で5.2N・m Photo: Kyoko GOTO
シートポストを固定するネジは最大7N・m Photo: Kyoko GOTO

 続いてシートチューブのシートポストを固定するネジの締め付け作業を行った。手応えをつかんだようで、いつもの感覚でネジを締め込んでみた。すると画面の値はみるみる上昇し、あっさりと適正値に達した。「ピコーン」という合図音が鳴り、手を止めるもかけた力はすぐには緩まず数値は上がり、「締めすぎ」の画面が表示されてしまった。

一瞬適正値に達するも… Photo: Kyoko GOTO
力がすぐに弱まらず最大トルク値を上回ってしまった Photo: Kyoko GOTO

 この結果を受け、松尾は「実際のトルク値とかけた力の手応えはそれほど大きな乖離はなかったように思いますが、改めて数値化されたことで“答え合わせ”のように自分の作業の精度を確認できました。あとはぎゅっと強く締めるのではなく、ゆっくりと力をかけていくことの重要性もわかりました」とトルク値を可視化することの有用性を語った。

“強い力”が引き起こす悪循環

 「たった数N・mの誤差」と思うかもしれないが、その考え方に実は落とし穴がある。自転車のフレームやパーツ周辺に示されている締め付けトルクは、多くの場合5~8N・m程度と、10N・mを切る小さな値。高トルクが必要なクルマと異なり、低トルクな自転車ほど少しずれるだけで、そのブレの影響が後々大きくなる。とくに近年増加しているアルミパーツとカーボンパーツが混在するバイクでは、そのダメージが大きくなる。

締め過ぎによるカーボンの変形のプロセス(ステムのボルトを例に) ©KTC

 硬い素材(アルミ)と柔らかい素材(カーボン)を組み合わせると硬い方が勝ってしまい、強く締め込んでいくとカーボンが変形し、再び締める際にさらに強くしないと締まらなくなる。その結果、カーボンをどんどん変形させ、ボルトに強い負荷をかけることになり、最終的にボルトが破断し、カーボンの破損を招くことになる。

 その破断が整備中に発生するならまだしも、走行中に起こる危険性も少なくなく、実際に走行中に路面からの強い衝撃を受け、ハンドル部分のボルトが破断して事故に至ったという事例も報告されている。

プロもおすすめ!「タッケサイクルファクトリー」武田耕大さん

 プロショップのスタッフもおススメする。プロショップ「TACKE CYCLE FACTORY」のオーナー、武田耕大さんは「トルク管理がシビアなカーボンの自転車に乗る人にはおすすめのツールですね」と太鼓判を押す。

「タッケサイクルファクトリー」の武田耕大さん Photo: Shusaku MATSUO

 繊細なパーツで組まれたスポーツバイクを日々整備している武田さんは「専用パーツを多く用いたスポーツサイクルでも、シートポスト高さや、ハンドルの角度などはお手持ちの工具である程度調整が可能です。しかし、パーツ一点一点がとても繊細なため、ボルトの締め方に誤りがあり、中には破損させる方もいらっしゃいますね」と語った。

スマホのアプリで規定のトルク値を設定 Photo: Shusaku MATSUO
リニアに動く画面上の数字 Photo: Shusaku MATSUO
リアルタイムのトルクを確認しながらボルトを締める Photo: Shusaku MATSUO

 さっそく、トルクルを使ってもらうと、画面上へリニアに表示されるリアルタイムな数字の動きに驚いた様子。複雑な操作は必要ないため、サクサクとバイクを組み立てていった。「パーツを正しく使うために、正しいトルクでボルトを締めるのは感覚だけでは難しいです。トルクルはお店でも使いたい精度ですし、操作が簡単なので一般のお客様にもおススメできますね」と評価した。

 ビギナーからベテランまで、事故を未然に防ぐメンテナンスのために「トルクル」をツールボックスに備えておくのはいかがだろうか。

■トルクル 10N・m
差込角(sq.):6.3sq.
直径(mm):42
高さ(mm):71.5
重量(g):130
トルク測定範囲(N・m):2-10
最小表示単位(N・m):0.1
電源:充電式リチウムポリマー電池
通信方法:Bluetooth® 4.1
付属品:充電ケーブル(※充電器は付属していない)
小売参考価格:29,800円

関連記事

この記事のタグ

KTC 工具

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載