九州唯一の地域密着型Jプロツアーチーム「VC福岡」が今季メンバーを発表 3人加入で選手9人体制に

  • 一覧

 国内最高峰のロードレースツアー「Jプロツアー」(JPT)に参戦するVC福岡が、2019年シーズンのメンバーを発表した。ツール・ド・おきなわや、Jエリートツアーで入賞経験のある3人が加入し、今季は9人で戦うことになる。

新規加入する3選手。左から、中村駿佑、八幡光哉、武井裕 ©VC福岡 / Itaru MITSUI

 チームは昨年までローマ字表記だった福岡の表記を漢字に変更した。メンバーはJエリートツアーでの入賞経験者や、市民レースで実績がある“叩き上げ”の選手が多数在籍する。

 今季は2014年にツール・ド・おきなわの市民140kmカテゴリーを制し、宮崎県の国体代表選手にも選出された中村駿佑が加入。また、JエリートツアーのE1クラスタで好成績を収めた「FORCE」の八幡光哉と「アーティファクトレーシングチーム」の武井裕が加わり、9人体制でレースに臨む。継続選手と合わせ、強豪や他チームの中で存在感のあるレースをすることが目標だ。

VC福岡2019年チーム体制

【新加入選手】
中村駿佑(宮崎大学)
八幡光哉(FORCE)
武井裕(アーティファクトレーシングチーム)

【継続選手】
松木健治
佐藤信哉
松田真和
早川祐司
山科竜一郎
前原直幸

 チームは2月に新メンバーを交えてのキャンプを熊本県で実施する。また、その一環で2月10日に「レース兼ファン交流イベント in HSR九州サーキット」の開催を検討しているという。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

福岡県

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載