結束力をアピール2013年はツール優勝が目標 レディオシャック・レオパード・トレックが始動

  • 一覧

 プロツアーチーム「RADIOSHACK LEOPARD TREK」(レディオシャック・レオパード・トレック)がトレーニングキャンプ地となったスペインのベニドルムで、1月18日、チームプレゼンテーションを行なった。会場では、新しいジャージを身にまとった選手20人(登録は28人)が登場し、2013年の目標などを語った。

「RADIOSHACK LEOPARD TREK」(写真提供: トレック)「RADIOSHACK LEOPARD TREK」(写真提供: トレック)

 メンバーには、チームの中核を担うアンディ・シュレク、フランク・シュレク、ファビアン・カンチェッラーラのほか、クリス・ホーナー、アンドレアス・クレーデン、イェンス・フォイクトといった選手が名を連ねる。

 今年のチーム目標は、ツール・ド・フランス総合優勝とし、シュレク兄弟を中心としたチーム編成で挑む。また、カンチェッラーラは3、4月に開催されるパリ~ルーベなどの“春のクラシック”の制覇、ホーナーはツアー・オブ・カルフォルニアでの優勝を目指すという。

チームが使う「マドン7.9」(写真提供: トレック)チームが使う「マドン7.9」(写真提供: トレック)
ファビアン・カンチェッラーラが愛用する「ドマーネ」ファビアン・カンチェッラーラが愛用する「ドマーネ」

 チームの主力“戦闘機”は、トレック「マドン7.9」。ただし、カンチェッラーラは自身が「しっくりくる」と話す「ドマーネ」を用い、石畳が多いクラシックレース、舗装路のロードレースの両タイプのレースを走る予定だ。

スペインでのトレーニングキャンプの様子(写真提供: トレック)スペインでのトレーニングキャンプの様子(写真提供: トレック)

 カンチェッラーラは、「春のクラシックを重視しているので、(コンディションを合わせていくことができる)この2週間のトレーニングキャンプは非常に重要」と話し、シーズン前半に焦点を合わせる。チームについては、「2年前に2つのチームが合流した時は確かに大変だったが、今はライダーは走ることに集中できているし、結束している。いい選手が揃っているので今シーズンは間違いなく活躍できるだろう」と展望を述べた。

 アンディ・シュレクやイェンス・フォイクトらで編成したチームは現在、オーストラリア・アデレードで1月20日に開幕したツアー・ダウンアンダーで、今季第1戦を迎えている。

「RADIOSHACK LEOPARD TREK」ホームページ(英語)

この記事のタグ

トレック

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載

連載