【Teamユキヤ通信】新城幸也がサントス・ツアー・ダウンアンダーへ挑む デニスやポッツォヴィーヴォらと総合優勝を狙う

  • 一覧
2019年のチームキットに身を包んだ新城幸也(バーレーン・メリダ) ©Team Bahrain Merida

 バーレーン・メリダに所属する新城幸也は1月13日、オーストラリアで開催される「ダウンアンダークラシック」に参戦し、続けて15日から20日に開催されるUCIワールドツアー初戦「サントス・ツアー・ダウンアンダー」へと挑む。レースが始まるまでの間は、アデレードでチームと合流し、トレーニングキャンプが開催されている。

 チームの出場メンバーは、現タイムトライアル世界チャンピオンで地元選手のローハン・デニス(オーストラリア)はじめ、ドメニコ・ポッツォヴィーヴォ(イタリア)ら、総合優勝を狙う編成。毎年恒例のタイ合宿でしっかりと乗り込んだ新城もチームの一員を担う。

 新城のコメントは下記のとおり。


 皆様、明けましておめでとうございます。僕は元気にオーストラリア入りしています。

 例年に比べて期間が短いタイ合宿になってしまいましたが、その分、集中してしっかり乗り込みました。やっと体が動くようになったという感じですが、ここ(アデレード)で新加入の選手たちともコミュニケーションをとり、うまく調整しレースに臨みたいと思います。

 今シーズンは2020に向けて勝負の年となります。まずはけが無く、来年に良い形で繋がるシーズンにしたいと思っています。今シーズンも変わらぬ応援をお願いいたします。

関連記事

この記事のタグ

Team ユキヤ通信 新城幸也

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載