正式キット発表前に着用ラファからEFチーム用の限定版「ブラックアウト」ジャージが登場

  • 一覧

 サイクルウェアブランド「Rapha」(ラファ)が1月6日、限定版の真っ黒な「ブラックアウトジャージ」を発表した。ラファが2019年シーズンにパートナーシップを結ぶUCIワールドチーム「EFエデュケーションファースト プロサイクリング」の選手が、同日開催されるオーストラリアとニュージーランドのロード国内選手権限定で着用する。オンラインでもごく限定した数量で発売するという。

ラファがEFエデュケーションファーストの選手のために特別なブラックアウトジャージをデザイン © Rapha

正式キット発表前の極々限定バージョン

 年が変わり新しいシーズンが始まった中で行われる両国の選手権においては、各チームの所属選手は新シーズンのチームキット(ウェア)に身を包み参戦するのが通常だ。だがラファはUCIワールドツアー初戦となる、翌週のツアー・ダウンアンダーにおいて正式なチームキットを発表するために、今回の選手権専用の特別なジャージをデザインした。

 近年は12月下旬にかけて翌年のチームキットを発表するのがプロチームの通例となっているが、その慣習にとらわれずに誕生したのがブラックアウトジャージ。新しい変化をもたらすチームキット発表の一環だ。

 2019年の新しいチームキットの全貌は、ツアー・ダウンアンダーの開催地、アデレードのポップストアと世界中で1月12日に開催される発表会において、一般に公開される。

●サイモン・モットラム ラファ創業者/CEO

 ファンの皆さんが心待ちにしているのが、チームの新しい装いを発表する瞬間です。早く私たちのチームが新しいチームキットに身を包んで、シーズン初戦を走る姿を見るのが今から楽しみです。これまでのしきたりにとらわれることなく、私たちは真っ黒なジャージを生み出すことで、世界最速の選手たちが世界最高の舞台で着用する新しいチームキットの発表を少し遅らせることにしました。

●ジョナサン・ヴォーターズ チームCEO

 これまで何年にもわたってチームは独自のスタイルのセンスを貫いてきました。ラファと手を組むことでそのセンスを維持していくことを嬉しく思います。このブラックジャージはスタイリッシュであるのと同時にとてもユニーク。本当の2019年のチームキット発表はもう少しお預けです。でも、待つ甲斐はあります。そう約束します。

チームロゴはブラック・オン・ブラックのエンボス加工 © Rapha

最新仕様のエアロレーサージャージ

 ブラックアウト エアロジャージは、チームが実際にレースで着用するジャージと同じ仕様となっている。控えめにチームロゴがエンボス加工され、スピード勝負の上でアドバンテージを発揮するエアロダイナックなデザインが特徴だ。

 ジャージの前面に使用された滑らかな素材が空気を後方に送り出し、背面には一方向に毛羽立ったテクスチャー加工入りの素材を採用。空力性能を高めている。ジャージ背面に接着式で取り付けられた補強テープがポケット内容物の重さを支え、通気性をキープするためにポケット裏にはメッシュ素材を採用している。また、ハイスピード走行時でもジッパーの上げ下げが容易な大きめのプラーが装着されている。

各部において最適な素材を選択。背面にはポケットのずり落ちを防ぐテープ加工も © Rapha

選手はラファと共に幅広い挑戦を

 2018年10月にラファとEFエデュケーションファーストは、現在のプロ自転車競技界に変革をもたらす画期的なパートナーシップの締結を発表した。両者は自転車競技に今までと違った側面から光を当て、幅広い分野の新しい観衆を引きつけることにより、自転車競技界の成長や国際的な露出を増やすという。

 ラファはEFエデュケーションファースト プロサイクリングに新しい創造性をもたらし、同時にチームのカリスマ性の高い選手たちにこれまで以上にスポットを当て、彼らのストーリーを紹介していく。2019年、ラファはEFエデュケーションファーストのキャラクターや英雄たちを祝福すると同時に、グランツールやクラシックレースといったロードレースの伝統を探求し、さらには所属選手たちと共に新しい分野に足を踏み入れる。

 EFエデュケーションファーストの選手たちは、ワールドツアーレースを含む様々なトップレースに出場するだけではなく、多くの選手がクリテリウムやウルトラエンデュランス(超長距離)レース、オフロードを含むアドベンチャーイベントにも挑戦するという。

関連記事

この記事のタグ

ラファ 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載