バイクインプレッション2019ディスクブレーキ搭載で“完成形”へと進化 ビアンキ「オルトレXR4 ディスク」

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 ビアンキのエアロロードバイク「オルトレXR4」が2019年モデルでディスクブレーキを搭載し、新たにラインナップへ加わった。振動除去素材「カウンターヴェイル」を搭載し、プロチームの活躍を支えたオルトレXR4。進化のほどを実走にて確かめた。

ビアンキ「オルトレXR4 ディスク」 Photo: Masami SATOU

カウンターヴェイルが生む速さ

 ビアンキのハイエンドモデルの一つである「スペシャリッシマ」が山岳向け軽量バイクとして存在感を放つ一方、同じくレーシングモデルに位置づけられるオルトレXR4は、総合力が求められるロードレースのトップシーンで活躍している。2018年、ツール・ド・フランスではロットNL・ユンボ勢が駆り、プリモシュ・ログリッチェは上りで快走、また、下りではライバルを引き離してステージ優勝を飾った。ステージを選ばないスタビリティの高さを、オルトレXR4が示している。

安定した制動力を備えたシマノの油圧ブレーキを採用 Photo: Masami SATOU

 その秘密はフレームに採用された振動吸収素材「カウンターヴェイル」にある。ビアンキが持つ経験を生かし、カウンターヴェイルを最適な箇所へと用いることで、剛性を保ったまま快適性を向上。エアロ形状による空気抵抗の削減もさることながら、深いポジションで乗り続けることで、人車一体としてエアロダイナミクスを向上させている。

 「オルトレXR4 ディスク」は、文字通り前後のブレーキをディスク化したモデルだ。12mmのスルーアクスルを採用し、完成車には160mmのディスクブレーキが装備され、油圧にて制動する。フロントフォークとシートステーに供えられていたリムブレーキのキャリパーが無くなったことで、空気抵抗のさらなる削減が期待できる。

 前回、リムブレーキモデルのオルトレXR4を乗った際、非常に高く評価をしていた。昨年筆者がイタリアのレースで駆った際、ハイスピードで技術が求められるコーナーでも頼もしく、荒れた路面でもパワーをしっかりと路面へと伝えてくれ、おまけに体に優しく、常にコンペティティブにレースを進めることができた。今回のモデルはその長所をさらに際立たせ、完成形として生まれ変わったと言ってもいい。

フレームには振動を除去するカウンターヴェイルが取り入れられている Photo: Masami SATOU
ディスクブレーキになったことで、フレームの空気抵抗も削減 Photo: Masami SATOU

素材の良さと新技術を融合

 スルーアクスルが車体の軸として機能していることがよく分かり、コーナリングやブレーキングでの取り回しをより一層正確なものとした。しかし、フロントフォークが過剛性になっておらず、独特で軽やかなバイクの振りやすさは健在。何よりカウンターヴェイルの振動除去性がパワーアップしているように感じた。それだけディスクブレーキとの相性がいいのであろう。

ディスクブレーキ化を果たし、完成形となったオルトレXR4 Photo: Masami SATOU

 よって、レーシングバイクなのに乗っていてとにかく楽なのである。トレーニングへ出かけた際、ふと気が付くとほとんど下ハンドルしか握っていないことに気が付いた。油圧ブレーキは指一本でのコントロールも容易であるし、深い姿勢でもストレスが少ない。振動吸収を素材(カウンターヴェイル)に任せており、力の伝達に重きを置いたフレーム形状は「もっと踏んでみよう」とやる気にさせる推進力を生む。

 新素材や技術があれど、生かすには知識と経験が必要だ。それらをマッチさせるのはさすがはビアンキである。ライバルブランドはエアロロード+ディスクブレーキで速さをウリにした製品を投入しているが、オルトレXR4 ディスクも確実に肩を並べる存在であった。

ビアンキ「オルトレXR4 ディスク」
税抜価格:538,000円(フレームセット)1,580,000円(デュラエースDi2完成車)
サイズ:47、50、53、55、57、61

松尾修作松尾修作

サイクリスト編集部員。10代からスイスのUCIコンチネンタルチームに所属し、アジアや欧州のレースを転戦。帰国後はJプロツアーにも参戦し、現在は社会人チーム「Roppongi Express」で趣味のレースを楽しむ。JBCFのカテゴリーはE1。数多くのバイクやパーツを試してきた経験を生かし、インプレッション記事を主に担当している。

紹介ブランドのショップナビ店舗

関連記事

この記事のタグ

バイクインプレッション ビアンキ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載