20代の若い世代を育成シマノレーシングが2019年体制を発表 一丸尚伍と中井唯晶が新加入

  • 一覧

 UCIコンチネンタルチーム「シマノレーシング」が1月1日、2019年のチーム体制を発表した。一丸尚伍がチームブリヂストンサイクリングより移籍、中井唯晶が京都産業大学より新加入し、選手9人体制で新しいシーズンに臨む。ロードレース選手の育成をチーム哲学に掲げ、選手全員が20代の若いチームだ。

シマノレーシングに新加入する中井唯晶(左)と一丸尚伍 © SHIMANO RACING

 昨年のメンバーからは秋田拓磨が引退したが、他の7人はそのまま継続となる。キャプテンは昨年に引き続き木村圭佑、チームマネージャーも引き続き元全日本ロードチャンピオンの野寺秀徳監督が務める。昨年はエースの入部正太朗がツール・ド・熊野、ツアー・オブ・タイランドで区間勝利を挙げた。

 新加入する一丸はトラック競技の中距離ナショナルチームのメンバーとしても活躍するスピードマン。中井は大学在学中の2016年にチームUKYOのメンバーとして、国内外のUCIレースに参戦した経験を持つ。

シマノレーシング 2019年体制

【選手】
入部正太朗(29)1989年8月1日生、奈良県出身
木村圭佑(27)1991年12月15日生、滋賀県出身 ※キャプテン
一丸尚伍(26)1992年1月4日生、福岡県出身 ※チームブリヂストンサイクリングより移籍
湊諒(26)1992年4月12日生、青森県出身
横山航太(23)1995年8月20日生、長野県出身
小山貴大(22)1996年11月28日生、群馬県出身
黒枝咲哉(23)1995年9月28日生、大分県出身
中田拓也(22)1996年6月3日生、福岡県出身
中井唯晶(22)1996年12月12日生、滋賀県出身 ※京都産業大学より移籍

【チームスタッフ】
チームマネジャー:野寺秀徳(株式会社シマノ)
メカニック:大久保修一(株式会社シマノ)
マッサージャー:鳴島孝至(小守スポーツマッサージ療院)
マッサージャー:久保優斗(明治国際医療大学)
ドクター:熊井司(早稲田大学 スポーツ科学学術院)
ドクター:磯本慎二(奈良県立奈良病院)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

シマノレーシング 移籍情報2018-19

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載