2020年12月までの機材サポートドリームシーカーレーシングチームMTBの山本幸平、キャノンデールで東京五輪のメダル獲得目指す

  • 一覧

 キャノンデールジャパンがドリームシーカーレーシングチーム MTB所属の山本幸平選手と北林力選手への機材サポートを行うと発表した。キャノンデール製バイクとファブリック製パーツを提供する。契約期間は2019年1月から2020年12月まで。

写真中央がドリームシーカーレーシングチームの山本幸平選手、右がチームメイトの北林力選手。写真左がキャノンデールジャパンに勤務する山本幸平選手の兄、山本和弘さん<br />から山本和弘©キャノンデールジャパン

 山本選手は世界トップ10入りを目標に、2020年に開催される東京五輪でのメダル獲得に向け転戦、北林選手は国内のU23チャンピオンを目標に活動していく。両選手はコースや路面状況に合わせてバイクを選択。世界最軽量レベルのハードテイルバイク「F-Si」とワールドカップでの激しいコースに対応したフルサスペンションバイクの「Scalpel Si」で戦う。

 今回の機材サポートにおいて、キャノンデールジャパンには、山本の兄となる山本和弘さんが勤めており、兄が機材供給し、弟がその機材で五輪でのメダル獲得といった、兄弟ストーリーも同時にスタートすることになる。

●キャノンデール・ジャパン森下敏郎社長コメント

この度、ドリームシーカーレーシングチームの山本選手と北林選手に機材提供をさせていただく事となり、心より光栄に思っております。これからの2年間、二人の夢と目標の実現に向け、国内外の MTB レースにおいて、レフティをはじめとするキャノンデールとファブリックの革新的機材とともに全力で両選手をサポートしてまいります。また、山本選手の兄山本和弘も共に戦っていく事となり、この兄弟の物語をサポートできる事をとても楽しみにしております。そして、応援してくださる MTB ファンの皆様に、チームの方々と共に夢と感動を届けていきたいと思っておりますので、今後とも両選手への応援をよろしくお願いいたします。

●山本幸平コメント

 2019年から2年間を、キャノンデール・ジャパン株式会社と機材提供のサプライヤー契約を結ぶ事となりました。選手生活としての集大成を迎えるにあたり、この2年間をキャノンデールバイクと共に走れる事を心より嬉しく思います。実はキャノンデールMTBとはとても縁があります。初めて手にしたのがキャノンデールMTB、キャノンデールバイクで初・世界選手権出場、キャノンデール・ジャパンファクトリーチーム入りと大切なタイミングで共に走ってきました。そして、今年から兄である山本和弘と共に戦うチャンスをもらうことができました。兄は、キャノンデール一筋の競技人生を送り、そして社員となり、今はマーケティングとして勤めています。自分は兄の存在無くしてここまで走り続ける事ができなかったです。兄とともに東京五輪でメダルを獲得する事が最大の目標です。

●北林力コメント

 今シーズンからキャノンデール・ジャパン株式会社と東京五輪までの2年間のサポートをしていただけることになりました。小さい頃から憧れていたブランドのバイクに乗せてもらうことができ、ワールドカップなどのレースをトップで走る夢を共にチャレンジできる事がとても嬉しく思います。キャノンデールバイクと共に成長して夢に向かって頑張って行きます! 今シーズンも応援よろしくお願いします!

紹介ブランドのショップナビ店舗

関連記事

この記事のタグ

MTB競技 キャノンデール ドリームシーカー ファブリック

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載