アイテムインプレッション2018冬本番へ、揃えておきたい極寒装備 シマノのハイパフォーマンスなグローブ3種

  • 一覧

 冬本番を迎え、防寒対策が欠かせない季節となった。なかでも風を受け、四肢の末端部分を覆うグローブはこだわりたい装備の一つだ。今回は防水、防寒機能に加えて、大型リフレクター(反射素材)を搭載した新作「サーマル ラジエントウインターグローブ」など、シマノのグローブ3種を紹介する。

リフレクター素材を採用した「サーマル ラジエントウインターグローブ」 Photo: Kairi ISHIKAWA

反射素材で視認性抜群

 サーマルラジエントグローブ最大の特徴は、手の甲で半分以上の面積を占めるリフレクターだ。グレーの部位が反射素材となっていて、車などのライトを反射させることで、自転車の存在をアピールできる。日照時間が短い冬の季節、夜だけでなく早朝のライドにも有効だ。車体の前後にライトを装備し、視認性を上げていても、側面をカバーできない場合もある。このグローブなら心配いらないだろう。

グレーの部位がリフレクター(反射素材)となる Photo: Shusaku MATSUO
全体的に柔らかな素材のため、握った際にゴワつきは少ない Photo: Kairi ISHIKAWA
左右で大きい面積で反射するため、視認性は抜群だ Photo: Kairi ISHIKAWA

 肝心の防寒対策も抜かりはない。中綿素材入りで熱の保持力と断熱性に優れており、防水素材「HIPORA」素材を採用したことで、突然の雨にも対応する。対応気温は-8℃~0℃だ。手の平、甲の両面が非常に柔らかい素材となっており、ウィンターグローブにありがちなゴワつきを解消している。

 ハンドルを握ると、見た目の厚みに反して意外と薄く感じる。力をしっかりとかけられるので、握りっぱなしで腕が疲れることもない。3Dアナトミックデザインが手と指の形に沿ってフィット感を生んでいた。

シマノ「サーマル ラジエントウインターグローブ」
税抜価格:7,500円
サイズ:S、M、L、XL
対応気温:-8℃~0℃

内側の反射素材が保湿、保温

 -10℃という厳しい気温にも対応するハイパフォーマンスなモデルが「サーマル リフレクティブ グローブ」だ。手の甲に体が発する赤外線を反射させる素材「メタリックサーマルテック」を大胆に採用。さらに、ウィンドストッパー生地や中綿を配し、4層構造で風と寒さから手と指を守る。

Photo: Shusaku MATSUO

 厚手の構造ながら手にフィットする3Dデザインになっているほか、人差し指には滑り止めを施し、ライディング時の操作性を犠牲にしていない。親指部分にはタオルのようなパイル生地が用いられているので、真冬の熱い走りに汗をかいても額を拭える。スマホの操作ができるよう、タッチパネルに対応しているのも嬉しいポイントだ。カラーはブラック、ブラック/ブルー、レッド、ネオンイエローの4種類がラインナップしている。

4層構造とやや厚手だが、3Dデザインで手にフィット Photo: Kairi ISHIKAWA
内側には体の赤外線を反射させるメタリックサーマルテックが採用 Photo: Shusaku MATSUO

シマノ「ウインドストッパー サーマル リフレクティブ グローブ」
税抜価格:6,500円
カラー:ブラック、ブラック/ブルー、レッド、ネオンイエロー
サイズ:S、M、L、XL
対応気温:-10℃~0℃

薄く柔らかい裏起毛が包み込む

 -5℃~2℃までの気温にぴったりなグローブが新作の「ウインドストッパー インサレーテッドグローブ」だ。上記の2製品と比べると薄手の素材となっており、グローブ内部は暖かな裏起毛素材を採用。肌触りが良いのも特徴だ。

-5℃まで対応する「ウインドストッパー インサレーテッドグローブ」 Photo: Kairi ISHIKAWA
内部は裏起毛のフリース素材で、暖かさを保つ Photo: Shusaku MATSUO

 3層構造ではあるが薄手なので、ハンドルやブラケットを掴む際にはがっちりとダイレクトに握りこむことができる。体重が乗る手の腹などの部分には、衝撃を分散させるパッドを配して、長時間でも快適なライディングを実現。こちらもスマホなどのタッチスクリーンパネルに対応しており、グローブを脱がずに操作することが可能だ。

 カラーはブラック、ブルー、レッド、ネオンイエローの4色で展開している。

シマノ「ウインドストッパー インサレーテッドグローブ」
税抜価格:5,500円
カラー:ブラック、ブルー、レッド、ネオンイエロー
サイズ:S、M、L、XL
対応気温:-5℃~2℃

松尾修作松尾修作

サイクリスト編集部員。10代からスイスのUCIコンチネンタルチームに所属し、アジアや欧州のレースを転戦。帰国後はJプロツアーにも参戦し、現在は社会人チーム「Roppongi Express」で趣味のレースを楽しむ。JBCFのカテゴリーはE1。数多くのバイクやパーツを試してきた経験を生かし、インプレッション記事を主に担当している。

紹介ブランドのショップナビ店舗

関連記事

この記事のタグ

グローブ|サイクルウェア商品一覧

グローブ サイクルウェア シマノ パーツ・アイテムインプレッション

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載