キャノンデール、ジャイアントなど70万円相当高級自転車6台盗む、男逮捕 「ネット出品で生活費に」

  • 一覧

 スポーツタイプの高級自転車を狙って盗みを繰り返したとして、大阪府警東署が窃盗容疑で、奈良市の無職、石本譲一(ゆういち)容疑者(54)を逮捕、送検していたことが12月27日、捜査関係者への取材で分かった。石本容疑者は「スポーツ自転車は人気があり、高く売れるので狙った」と供述。盗品は分解して補修するなどした上で、インターネットオークションで売りさばいていたという。

 捜査関係者によると、石本容疑者は3月23日夜、大阪市中央区今橋のビル駐輪場で、スポーツ自転車(約30万円相当)を盗むなど、2月から6月までの間に自転車6台(総額約70万円相当)を盗んだ疑いが持たれている。

 石本容疑者はマンションやビルが立ち並ぶ同区に狙いを定め、駐輪場を物色。アメリカの「キャノンデール」や台湾の「ジャイアント」などのブランドの高級自転車を車に積み込み、自宅に持ち帰っていた。

 その後、自転車をいったん分解し、部品を磨いたり補修したりした上で組み立て直し、ネットオークションに出品。もともとは既製の自転車を購入し、パーツを交換するなどしたカスタマイズ車を売っていたが、金に困って自転車を盗むようになったという。

 ネットオークションに出品する際は他人のIDを使っており、同署は今月14日に組織犯罪処罰法違反(犯罪収益等隠匿)容疑でも追送検した。大阪市中央区で高級自転車が盗まれる被害が相次ぎ、同署が同一犯による連続窃盗事件とみて捜査。現場付近の防犯カメラ映像などから石本容疑者を割り出し、8月に窃盗容疑で逮捕した。現在は窃盗罪で公判中。

産経ニュースより)

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載