バイクインプレッション2018走りの楽しさを演出するエンデュランスモデル グエルチョッティ「イタロ」

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 今回のバイクインプレッションは、グエルチョッティのエンデュランスモデル「イタロ」をお届け。快適さを高めるツボを押さえつつ、イタリア車らしい走りが持ち味の1台をレビューする。

グエルチョッティのエンデュランスモデル「イタロ」 Photo: Masami SATOU
1-1/2サイズのヘッド規格を採用 Photo: Masami SATOU

 創業者であるグエルチョッティ兄弟の兄、イタロの名を冠したこのバイク。造形の各所には乗車時の快適性を高める工夫が散見される。上下異径のヘッドチューブは、下側に1-1/2インチのオーバーサイズを採用。力がかかる部位を大きくとることで、スタビリティを高めた。まだヘッドチューブ長を長めにとることで、前傾姿勢を緩やかなものにし、ライダーの負担を軽減させる。

 特徴的なシートステーは、シートチューブ側からチェーンステーにかけて、細く扁平に形状を変え、路面からの突き上げを緩和させる。フレームは柔軟性に富んだ24HMカーボンを使用。重量は1085gと軽すぎず、重すぎずの仕上がりだ。

シートステーは根元からチェーンステーにかけて細く、扁平に Photo: Masami SATOU
タイヤ幅は28Cまで対応 Photo: Masami SATOU

速度が出ていなくても楽しめる

 ブランドの中で最も安価、かつエンデュランスモデルの位置づけのイタロだが、乗ってみるときびきびとした印象が強いバイクだった。ジオメトリーを見てみると、XSサイズでチェーンステーが406mmと短い。剛性自体は決して高いものではなく、サイクリングペースで丁度いいものとなっており、軽快な走りは設計からくるものだとだろう。

快適な乗り味のなかに、きびきびとした走りが光る Photo: Masami SATOU

 コンセプトであるコンフォート性能も悪くない。振動吸収性が際立ってるわけではないが、フレームの柔軟性、スタビリティ性能を総合すると、乗り手を疲れさせない意図が感じられた。旋回性能が高く、コーナーでは安定しながらもスッとフロントホイールが出口を向いてくれるので、「ちょっと攻めてみようかな」とやる気にさせてくれる。

 エンデュランスモデルとはいえ、退屈にさせない走りはロードバイクとして大事。速度が出ていない状態でもコントロールを楽しめるのはイタリアンバイクならではといったところか。玄人好みでもあり、ビギナーでも安心して乗れる懐が広いバイクである。

グエルチョッティ「イタロ」
税抜価格:170,000円(フレームセット)
サイズ:XXS、XS、S
カラー:マットレッド
フレーム重量:1085g

紹介ブランドのショップナビ店舗

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

10~20万円 カーボン カーボンバイク グエルチョッティ バイクインプレッション フレームセット

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載