競技面のサポートも充実那須ブラーゼンの下部組織「那須ハイランドパーク レーシングチーム」発足 働きながらプロ目指す人を募集

  • 一覧
©NASPO、藤和那須リゾート

 栃木県の那須地域を拠点に活動するプロチーム「那須ブラーゼン」の下部組織として、「那須ハイランドパーク レーシングチーム」が発足する。那須ブラーゼンのメインスポンサーを務め、那須ハイランドパークを運営する藤和那須リゾートの正社員として働きながら、プロカテゴリーを目指す。チームは来春の活動開始予定。

プロレーサーを目指すための環境を用意

 若手選手の育成と発掘を目的として「那須ハイランドパーク レーシングチーム」が発足する。所属選手は、那須ハイランドパークもしくは近隣の関連施設で勤務しながら、JBCF(全日本実業団自転車競技連盟)エリートツアーで選手活動を行う。

 競技面のサポートも充実しており、競技レベルにより機材サポートが行われるほか、那須ブラーゼンとのトレーニングやコーチングの提供、宿舎の提供ほか、E1クラスタ優勝・那須ブラーゼンとの合同トレーニングの評価により、那須ブラーゼンへの昇格もあるという。

©NASPO、藤和那須リゾート

 勤務時間は午前9時から午後5時30分までで、1年単位の変形労働時間制を採用。年間休日は115日となるが、配属先の目標を達成することで、練習時間確保のため週に一度の半日特別休暇が付与される。プロカテゴリーを目指す18~25歳を募集し、最大20人程度の採用を予定。募集要項は発表されているが、募集開始は準備が整い次第行う。

 今回のプログラムに関して、那須ブラーゼン運営会社でNASPO(ナスポ)の若杉厚仁代表は、雇用を前提としてロードレースにチャレンジできる身体能力の優れた人材が募れること、働き手が不足する那須エリアに志の高い若者を呼ぶこと、レーサーとして活動しつつファンを獲得する人材になることで、セカンドキャリアにもプラスに働くと見ている。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

那須ブラーゼン

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載