「弱虫ペダル」の渡辺航さんがイメージキャラクター作画榛名山ヒルクライム 参加者募集中 湖畔でのTTも開催

  • 一覧
「はるなちゃん」イメージキャラクターの「はるなちゃん」

 自転車で山道を登り、タイムを競うヒルクライムレースの愛好家が近年、急増しているのを受け、高崎市は5月に開催する「第1回榛名山ヒルクライムin高崎」のエントリーを19日午後1時から、インターネットで開始した。

愛好家急増

 同市によると、ヒルクライム人気は近年、うなぎ上りで、昨年は国内で確認できるものだけで55大会を数えた。県内でも前橋や草津で開かれる大会が人気を集めている。

 榛名山ヒルクライムは「男子小学3年以上」「女子中学生以上」「男子30歳以上~39歳以下」など性別や年代別の17部門で計5千人を募集する全国最大級規模の大会。

 初日の18日には、上級者が榛名湖畔をハイスピードで半周するタイムトライアル(6.8キロ)が行われる。

 翌19日はヒルクライムで榛名湖コース(16.1キロ)榛名神社コース(11.6キロ)、初心者コース(6.7キロ)が行われる。

最大斜度14%

 中でも榛名湖コースは、スタート地点からゴール地点まで高低差907メートル、最大斜度14%(平均斜度6%)を駆け上がる“国内屈指”のハードコースだ。

 40分前後のタイムで争われることが予想され、タイムトライアルと合わせた総合優勝者に授与される「COPPA DI HARUNA」のチャンピオンジャージを目指し、全国のエキスパートたちが繰り広げる駆け引きが間近でみられそうだ。

キャラ作画は…

「のぼるちゃん」「のぼるちゃん」
「たかちゃん」「たかちゃん」

 タイムトライアルとヒルクライムを同一大会で実施する例はほとんどない上、イメージキャラクター「たかちゃん」「はるなちゃん」「のぼるちゃん」の作画を人気漫画「弱虫ペダル」の作者、渡辺航(わたる)氏が担当するなど、話題性にも事欠かない大会となっている。

 申し込みは、インターネットの大会ホームページ上で先着順に受け付け、定員になり次第締め切る。

 問い合わせは大会実行委員会(同市榛名支所地域振興課教育担当)電話027-374-6715か、FAX027-374-5035。

榛名山ヒルクライム 大会ホームページ

産経新聞・群馬版より)

関連記事

この記事のタグ

イベント ヒルクライム

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載