外国人選手も全員参加キナンサイクリングチームが和歌山県新宮市でチームビルディング合宿 新ジャージも公開

  • 一覧

 和歌山県・三重県の熊野地方を拠点とするUCIコンチネンタルチーム「キナンサイクリングチーム」が、12月18日から21日まで和歌山県新宮市にて、チームビルディングキャンプを実施した。チーム発足から4年目のシーズンをまもなく終え、来季へ向けた動き出しが早くもスタート。2019年シーズンの所属選手・スタッフが集結し、レース活動を視野に入れて準備を行った。新しいチームジャージも公開された。

キナンサイクリングチームが2019年のチームキット公開 Photo: KINAN Cycling Team

機材の準備と選手間コミュニケーションの機会

 このキャンプの主たる目的は、メンバー間での積極的なコミュニケーションによる結束力の強化や、レースプログラムの確認、来季使用するバイクやウェアのフィッティング、2019年シーズンのチーム撮影など、多岐にわたる。選手ごとに活動拠点が異なる点や、脚質によって招集レースに幅が出るといったことから、シーズンに入ると選手同士での顔合わせが限定されがちになるため、しっかりと各選手の人となりを把握しておき、チームとしてひとシーズンを戦っていく意思を高めることがキャンプ期間中に求められた。

トレーニングで熊野灘をバックに進んでいく選手たち Photo: KINAN Cycling Team / Syunsuke FUKUMITSU

 今回の参加メンバーは、2018年シーズンからの継続選手である山本元喜、椿大志、マルコス・ガルシア、山本大喜、サルバドール・グアルディオラ、雨乞竜己、トマ・ルバ、中島康晴、新城雄大に、2019年シーズン加入の大久保陣(チームブリヂストンサイクリング)、荒井佑太(福井県自転車競技連盟・19日のみ参加)を加えた計11選手(現役競輪選手の福田真平は欠席)。

2019年から加入する大久保陣(チームブリヂストンサイクリング)も参加 Photo: KINAN Cycling Team / Syunsuke FUKUMITSU
カメラに向けておどけるマルコス・ガルシア Photo: KINAN Cycling Team / Syunsuke FUKUMITSU

 16日にゲストとして参加したイベント「ヴェロフェスタ in モリコロパーク」を終えたチームは、翌日にメインスポンサー「株式会社キナン」本社のある和歌山県新宮市へと移動。18日から本格的にプログラムがスタートし、2日間かけて2019年シーズンに使用するチームイメージ写真の撮影に臨んだ。また、19日には「La NICOカスタムインソール」による選手の足型測定が行われ、シーズンを通して使用するインソールをフィッティングした。

La NICOカスタムインソールによる選手の足型測定。モニターに映し出された選手の足型 Photo: KINAN Cycling Team / Syunsuke FUKUMITSU
足型測定中のトマ・ルバ Photo: KINAN Cycling Team / Syunsuke FUKUMITSU
完成した選手たちのインソールが並べられる Photo: KINAN Cycling Team / Syunsuke FUKUMITSU

準備を整え、いざ2019年シーズンへ

 キャンプ期間中は来シーズンへの準備に時間を費やしたため、高強度のトレーニングは行われなかったが、20日に選手たちがそろって約4時間のライドへ。三重県熊野市までの往復で、熊野灘や新鹿湾といった風光明媚なルートを走行。途中で立ち寄ったショップのスタッフからキナンチームのファンであることを告げられるといった“出会い”もあるなど、リラックスしたなかでの走り込みとなった。

 そのほか、20日夜にはミーティングを行い、プロサイクリストとしての心構えやシーズンインへ向けた意識の確認をしたほか、キャンプ期間後半には株式会社キナン・角口賀敏会長が訪れて選手たちを激励。チームより一層、モチベーションを高めて次なるシーズンを迎えられる態勢が整った。

チームミーティングでの加藤康則ゼネラルマネージャー。チーム情報が掲載された新聞を元にメディア発信の重要性を説く Photo: KINAN Cycling Team / Syunsuke FUKUMITSU
真剣な表情で資料に目を通す選手たち Photo: KINAN Cycling Team / Syunsuke FUKUMITSU

 選手たちは和やかなムードで過ごしながらも、写真撮影やミーティング、バイクフィッティングといった場面では真剣なまなざしを見せ、2019年への意気込みを感じさせていた。新メンバーも顔なじみの継続選手が多いこともあってか、すぐにチーム活動に順応。あとは、よい雰囲気を“本職”であるレースでの好連携に反映させるのみとなっている。

2019年ジャージは肩に赤帯

山本元喜の全日本チャンピオンジャージも新デザインに Photo: KINAN Cycling Team

 チームは12月24日、来季2019年シーズン用のチームキット(チームウェア)を公開した。チームジャージサプライヤーチャンピオンシステム社製は変わらず、白地にメインスポンサー「株式会社キナン」のコーポレートロゴを胸・両袖にプリント。その他サプライヤー企業各社のロゴが胸・腹部・背部に配置される。両肩にはタイヤサプライヤーのIRC TIRE(井上ゴム工業)のロゴが赤帯とともに入り、これまでと印象が若干変わった。

 ロード日本チャンピオンの山本元喜が着用するチャンピオンジャージも刷新。選手は2019年1月1日よりこれらのジャージを着用してチーム活動を行う。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

キナンサイクリングチーム 和歌山県

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載