買ってよかった自転車グッズ<2>ワコーズ「フォーミングマルチクリーナー」は吹いて拭くだけの感動的な洗車グッズだった

by 大澤昌弘 / Masahiro OSAWA
  • 一覧

 『Cyclist』編集部員が選ぶ「2018年の買ってよかった自転車グッズ」。記者の大澤昌弘が選ぶのは、和光ケミカルのブランド「WAKO’S」(ワコーズ)の「フォーミングマルチクリーナー」です。何気なしに買ったのですが、今や我が家にはフォーミングマルチクリーナーが複数個、在庫されているほどです。

2018年の大澤的感動プロダクト「フォーミングマルチクリーナー」 Photo: Masahiro OSAWA

「申し訳ない」がもたらした“洗車革命”

 洗車にお金をかけるのはもったいない。そんな価値観を持っていた私。何せ、ロードバイクを続けるには部品代、イベントのエントリー費などとにかくお金がかかりますから。なので、洗車するときは水に台所用中性洗剤をまぜて、スポンジを使ってきれいにしていました。これなら大してお金はかかりません。しかも、洗車は面倒という考え。なので、洗車の回数も周囲に比べて相当少なく、汚らしい自転車に日々乗っていたように思います。

泥水を跳ね上げて汚れが付着しています Photo: Masahiro OSAWA
BB周辺もよく汚れるところです Photo: Masahiro OSAWA

 そんな私が今となってはなぜ「フォーミングマルチクリーナー」を買ったのか、定かではありません。確か、いきつけの自転車屋にお邪魔して、何も買わないで帰るのが申し訳ないから…、というような理由だったと思います。

 そしてこの出会いが、私に“洗車革命”をもたらしました。とにかく手軽なことです。スプレーを吹きかけ、出てきた泡をウエスで拭き取るだけで洗車が完了します。弱アルカリ水溶性ノンシリコンタイプのスプレーなので、フレームやパーツへの攻撃性が低いのが特徴です。冬の水仕事はゴム手袋をしていようとも堪えますが、水なし洗車ならその煩わしさもありません。泡を吹きかける作業も楽しい。

※金属部分への使用はきちんと拭き取らないと錆びの原因になるので注意とのこと(和光ケミカル)。また革製品にはNGとあり使用上の注意を参照のこと

フォーミングマルチクリーナーを全体に吹きかけます(クランク部はパワーメーターがあり怖かったので吹きかけていません。ためらいの表われです) Photo: Masahiro OSAWA
ウエスで拭き取った後 Photo: Masahiro OSAWA

新品同様の美しさに感動

 私が最もハマったのは洗浄力です。チェーンの油汚れは専用クリーナーに譲りますが、中性洗剤では落ちなかった汚れが落ちピカピカに。愛車が新品同様の美しさを取り戻したように見えたことです。吹いて、拭く。吹いて、拭く。この繰り返して作業が終わると、愛車を“ちゃん”付けしたくなります。

とても汚れやすいダウンチューブ裏 Photo: Masahiro OSAWA
水洗いなし。フォーミングマルチクリーナーでここまできれいに Photo: Masahiro OSAWA
きれいになった愛車のS5 Photo: Masahiro OSAWA

 そんな洗車の感動を所属するクラブチームメンバーに話したら、「今まで汚かったもんね」と笑顔で指摘され、「やっぱりそう思われていたか…」と思ったことを覚えていますが、これを境に家の中にはフォーミングマルチクリーナーが増えていきました。洗車の回数が増え、ノリノリな洗車ライフが始まったことに加えて、自転車屋に遊びに行くたびに、何も買わずに帰るのは申し訳ないという理由から、買うのはいつも決まってこれ。いまだにマルチフォーミングクリーナーが増え続けているというわけです。

いつの間にか増えてしまったフォーミングマルチクリーナー Photo: Masahiro OSAWA

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ワコーズ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載