東京五輪ロードレース山梨県、2020年東京五輪自転車コースPR動画製作 今中大介氏が観戦ポイント案内

  • 一覧

 山梨県は、2020年東京五輪の自転車競技ロードレースの県内コースのPR動画を製作した。12月20日から動画投稿サイト「Youtube」で見ることができる。コースの魅力を伝え、開催機運を盛り上げる。動画のDVDも200枚を作り、金融機関の店頭や自転車関連のイベントなどで配布する。

道志川沿いの国道413号を走る今中大介氏のシーン(県提供)

 県内コースは道志村から国道413号で山中湖畔を抜け、籠坂峠を越えて静岡県に入った後、三国峠を経由して再び山中湖畔を回る。

 動画は6分44秒と15秒の2種類。甲府市在住の元プロ選手で県の五輪アドバイザーを務める今中大介氏(55)が、走行しながら観戦ポイントを案内する。競技ルール、基礎知識、レース予想も盛り込んだ。

 今中氏は、道志村の渓谷美と上り、山中湖畔の富士山と選手の走り、三国峠の下りなど勝負どころを紹介。「実際のコースを体験し、東京五輪に思いをはせてください」と呼びかけている。

産経新聞・山梨版より)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

2020東京五輪 山梨県

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載