「自転車の安全利用促進委員会」と自転車協会が開催千葉の県立高校2校で『自転車交通安全教室』 遠藤まさ子氏「加害者になる可能性」を注意喚起

  • 一覧
「自転車の交通安全教室」で講演する自転車ジャーナリストの遠藤まさ子氏 ©自転車の安全利用促進委員会

 自転車のルール・マナー等の正しい利用方法や自転車の選び方、メンテナンスの重要性を啓発する「自転車の安全利用促進委員会」と自転車協会は12月18、19日の2日間にわたり、千葉県立千葉工業高等学校と千葉県立船橋法典高等学校の全校生徒を対象に「交通安全教室」を開催した。今回は、自転車の安全利用促進委員会メンバーの遠藤まさ子氏が、千葉県の事故状況や、生徒が加害者になる可能性・加害者になってしまった後の生活への影響、自転車製品の安全性(BAAマーク)等について講演した。

しっかり止まれる自転車であることが重要

 警察庁の交通事故統計によると、例年12月は1年の中で最も交通事故の多い月。冬休みに入り、いつもとは異なる不慣れな場所へ出かける機会も多くなり、より自転車利用に注意する必要がある。

千葉工業高等学校で開催された自転車の安全教室の様子 ©自転車の安全利用促進委員会

 とくに千葉県は交通事故の件数が全都道府県で9位に位置するなど事故が多発している県。昨年の高校生の事故件数は720件に上り、道路交通法の違反のほかに、「止まれなかった」「避けられなかった」ことが原因となっているケースが多いという。遠藤氏は「交通事故の多い県だからこそ、安全確認などを十分に行う必要がある。(自転車の走行ルールである)左側通行を守るだけでも自分の身を守ることになるので、意識して運転を」と注意を促した。

船橋法典高等学校で開催れた自転車の安全教室の様子 ©自転車の安全利用促進委員会

 また実際の自転車を用いた自転車メンテナンスのレクチャーでは、「自転車事故を起こさない・加害者にならないためには、しっかり止まれる自転車であることが重要。自転車に乗る前には必ず自転車に不備が無いか確認しましょう。また、新しく自転車を購入する場合には、約90項目のテストに合格した安全な自転車の目印であるBAAマークの確認を」と呼びかけた。

BAAマーク。自転車協会が制定し、同協会が定める自転車安全基準に適合した製品に貼られている。BAAマークの自転車安全基準は全部で約90項目もあり、安全・安心な自転車の目印として認知されている  ©自転車協会

 参加した千葉工業高校の生徒は、「今日の講演で、自転車の速度が遅かったとしても相手を死なせてしまうこともあると聞いて、自転車は“乗り物”なので乗っている間は自動車と一緒だということをもっと強く意識しようと思った」と感想を語っていた。

 また、船橋法典高校の生徒は、「毎朝自転車に乗っている時は自分が事故に遭わないように周囲を見て交差点を渡るように意識していたが、今日の講演を聞いて自分が加害者にもなることがないように自転車に乗りたいと思った」と話していた。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

セーフティーライド 自転車協会

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載