フィギュア女子の近藤菜月は4連覇全日本室内自転車競技選手権が開催 サイクルサッカーとフィギュアの日本王者が決定

  • 一覧

 室内自転車競技の日本一を決める「第49回全日本室内自転車競技選手権大会」が12月8、9日、大阪府和泉市の桃山学院大学総合体育館で開催された。サイクルサッカーとサイクルフィギュア種目が行われ、各種目の日本チャンピオンが決まった。

サイクルサッカー男子決勝。手前えんじ色のウェアが優勝のRSV OSAKA 1(村上裕亮・高橋祐馬) © 2018 JCF
非正式種目ながらサイクルサッカー女子も実施 © 2018 JCF

 サイクルサッカー男子決勝は、チームメート同士の対戦となった。11月の世界選手権代表ペアであるRSV OSAKA1(村上裕亮・高橋祐馬)が、RSV OSAKA2(岡嶋紘次・森本晋也)を破り優勝。RSV OSAKA1の村上はペアを変えての2連覇となった。3位には過去9度の優勝を誇る松田鋼率いる、たちかわサイクルサッカークラブ1(松田・赤津陸)が入った。今大会はサイクルサッカー女子も、非正式種目ながら実施された。

 サイクルフィギュア女子は、今年から大学生となった近藤菜月(京都産業大学)が4連覇を達成し、通算6回目の全日本チャンピオンに輝いた。男子は中川凱公(滋賀C.F.Cブルーレイクエンジェル)が自己ベストで初優勝。過去13度の優勝を誇る芦田史郎(ALMOSTBLACKS)の連勝記録を12で止めた。

サイクルフィギュア女子4連覇の近藤菜月 © 2018 JCF
サイクルフィギュア男子で優勝の中川凱公 © 2018 JCF

 室内自転車競技の全日本選手権は来年、節目となる第50回の開催を迎える。歴史を重ね、今年9月のUCI総会(オーストリア・インスブルック)ではデモンストレーションが実施されるなど、発展へ向けた片鱗を見せている。

今年のチャンピオンの4人。(左から)サイクルサッカー男子の高橋祐馬、村上裕亮、サイクルフィギュア男子の中川凱公、同女子の近藤菜月 © 2018 JCF

サイクルサッカー男子
1位 RSV OSAKA 1(村上裕亮・高橋祐馬)
2位 RSV OSAKA 2(岡嶋紘次・森本晋也)
3位 たちかわサイクルサッカークラブ 1(松田鋼・赤津陸)

サイクルフィギュア男子
1位 中川凱公(滋賀C.F.Cブルーレイクエンジェル)
2位 芦田史朗(ALMOSTBLACKS)

サイクルフィギュア女子
1位 近藤菜月(京都産業大学)
2位 國久結希乃(滋賀C.F.Cブルーレイクエンジェル)
3位 笹島菜花(滋賀C.F.Cブルーレイクエンジェル)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。
  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載