「KISSスーパーリーグ」を来年開催ズイフトがeスポーツ初のプロサイクリングリーグを発足 出場するプロチーム4組を発表

  • 一覧
本物のプロサイクリングチームが出場するeスポーツリーグ「KISS Super League」が2019年発足 © Zwift

 サイクリスト向けのオンライントレーニングとレースのプラットフォーム「Zwift」(ズイフト)が12月14日、eスポーツ初のプロサイクリングリーグ「KISS(キス)スーパーリーグ」の発足を発表した。大会はズイフトのバーチャルコース上で行われ、プロチーム4組が優勝を争う。

 出場するのはUCI(国際自転車競技連合)プロコンチネンタルチームの「ハーゲンスバーマン・アクション」と、同コンチネンタルチームの「チーム ウィギンス」「キャニオン・dhb p/b ブロアーホームズ」、そしてU23の「チーム ディメンションデータ・フォー クベカ」となる。

 KISSスーパーリーグについては11月、最初のイベントとしてロンドンで2019年1月23日にライブレースを初開催することが、概略のみ伝えられていた。ズイフトと、ズイフトでのレースイベントを主催しているKISSは、今後数週間にわたって男子プロチーム、女子エリートリーグ、アマチュアリーグの情報を発信していく意向だ。

 ハーゲンスバーマン・アクションのチームオーナー、アクセル・メルクス氏と、ズイフトの共同創業者でCEOのエリック・ミン氏は、今回の発表にあたり次のようにコメントしている。

●アクセル・メルクス氏コメント

 KISS Super Leagueに出場する運びとなり、非常に嬉しく思います。ズイフトが米国、欧州、そしてオーストラリアのプロサイクリングを支援しているという事実は、サイクリング界にとって素晴らしい朗報です。これまでアクション(AXEON:アクセル・メルクス氏とNEON社の共同プロジェクト)は、世界レベルの若き才能を発掘してきました。ズイフトで繰り広げられるeスポーツは、こうした取り組みを更なる成功へと導いてくれると楽観視しています。また、プロサイクリング界には時折、活気づかせてくれるような起爆剤が必要です。ズイフトなら、自転車競技に新たな次元をもたらしてくれると確信しています。プロサイクリストもサイクリングファンも皆同様に、この展開に大いに注目するべきですね。

●ズイフトCEO、エリック・ミン氏コメント

 ズイフトとeスポーツに関して、私たちは壮大なプランを考えています。サイクリング界と協議を重ねてきた結果、来年に向けて非常に心踊るような計画を打ち出しました。皆さんに詳細をお伝えするのが待ちきれませんが、当面はぜひ楽しみにお待ちいただきたいと思います!

 ゲームから生まれたズイフトは現在、グローバルなフィットネス企業へと成長。マルチプレーヤーゲームの技術を活用して、室内にいながらリアルで鮮やかな3Dの世界でのトレーニングや、レースなどのサイクリング体験を実現。親善試合からレース、組織的なトレーニングプログラムまで、志を同じくするアスリートのコミュニティを構築し、より良いソーシャルフィットネス体験を追求している。ズイフトは月額1500円で提供されている。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。
  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載