新製品情報2018ライトウェイトの軽量フレーム「ウルゲシュタルト2019」 2モデル10色で登場

  • 一覧

 ドイツの軽量パーツブランド「Lightweight」(ライトウェイト)が、2019年モデルの軽量ロードバイクフレーム「Urgestalt2019」(ウルゲシュタルト2019)を発表した。リムブレーキとディスクブレーキモデルをラインナップし、10色で展開する。同社のホイールと組み合わせることで性能を最大限に発揮する。

左から、レッド、オレンジ、イエロー、ホワイト、ブラック、シアン、アップルグリーン、ライトピンク、パープル、ブルー © Lightweight

 ウルゲシュタルトはライトウェイトが手掛ける軽量ロードバイク。2019年モデルは前作の構造を見直し、パワー伝達効率を高めた。さらにユーザーの意見を反映し、カラーデザインを刷新。今までのシンプルなデザインから10色展開になった。

完成車イメージ © Lightweight
トップチューブにはロゴマークが際立つ © Lightweight
ケーブルは内蔵 © Lightweight

 車体はシステムインテグレーションというコンセプトのもと、快適性を考慮したジオメトリーを採用。重量剛性比に優れるホイール「マイレンシュタイン・オーバーマイヤー」など、同社の製品と組合わせることで性能を最大限に発揮する。もちろん、同社以外のコンポーネントも搭載でき、変速は電動・ワイヤー式両方に対応。ケーブル類はフレームに内蔵され、外観をすっきりさせたほか、空気抵抗を減らした。

 重量はフォークと合わせて、リムブレーキモデルは1195g、ディスクブレーキモデル(フラットマウント)が1205g。ブレーキの違いによるモデルの重量差を10gに抑えた。

 価格は両モデルともに56万円(税抜)で、車体の限界総重量はライダーや周辺パーツを含め120kg。

■ウルゲシュタルト2019
モデル:リムブレーキ、ディスクブレーキ(フラットマウント)
税抜価格:560,000円
サイズ:48、51、54、56、58、60
カラー:レッド、オレンジ、イエロー、ホワイト、ブラック、シアン、アップルグリーン、ライトピンク、パープル、ブルー
重量:820g(リムブレーキ)、830g(ディスクブレーキ)、375g(フォーク)
最大システムウェイト(ライダーや関連パーツ含む限界総重量):120kg

関連記事

この記事のタグ

50万円~ フレームセット ライトウェイト レース向けモデル レース向け自転車 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載