【Teamユキヤ通信】新城幸也がバーレーン・メリダのチームプレゼンに出席 マクラーレンとの提携が発表

by 飯島美和 / Miwa IIJIMA
  • 一覧

 バーレーン・メリダ所属の新城幸也が12月12日、チームキャンプの地、クロアチアで開催されたチームプレゼンテーションに出席した。プレゼンテーションでは2019年シーズンのニューマシン、ウェアのお披露目や、所属選手全員の紹介が行われた。また、F1チームを運営するマクラーレンとの提携が発表され、自転車メディアはもちろん、モータースポーツ界からも多くのメディアが出席し、大きな注目を集めた。

運営陣と選手全員で、ニューマシンを前に © Team Bahrain Merida

チーム合宿でトレーニングを開始

 チームプレゼンテーションを終えた新城は次のように語った。

プレゼンテーションで笑顔を見せた新城幸也 © Bettini Photo

 「豪華でしたね! 規模の大きさで、チームの気合いを感じました(笑)。昨年はタイでの個人合宿を優先し、チーム合宿に参加しなかったので、とても新鮮な気分です。新しいマシンやジャージに囲まれると、ワクワクしますね! これから来年のレーススケジュールも監督と話し合い、決まってきますし。まだまだ合宿は続くので、しっかり色々なことを吸収してきたいと思います」

 新城は11月の日本滞在中、全国各地でのイベント、取材対応などで一日の休みもなくオフを過ごした。12月7日にイタリアへと渡り、ミラノでメディカルチェックを受けた後、9日からクロアチアでのチームトレーニングキャンプに合流。新しいマシンの調整や、ポスター撮影など2019年シーズンの準備を行いながら、現タイムトライアル世界チャンピオンで新加入のローハン・デニス(オーストラリア)らとトレーニングを開始している。

2019年のウェアとニューマシンが発表になった © Team Bahrain Merida

 「今シーズンは日本滞在期間が短く、ファンの皆様との交流の時間も思うように確保できなかったり、お世話になった皆様がたへのご挨拶が行き届かず、申し訳ない思いですが、来年はしっかり結果を出し、皆様に良い報告ができますよう、しっかりと準備してまいります」

 新城は、22日にクロアチアから帰国し、24日から恒例のタイ合宿に出発する。年末年始をタイで過ごし、1月5日にはオーストラリア、アデレードへ。現地で1週間のチームキャンプののち、15~20日まで2019年のUCIワールドツアー初戦、ツアー・ダウンアンダーに出場する予定だ。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

新城幸也

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載