雪まじりのレースを制す井手川直樹がPROクラス優勝 ダウンヒルシリーズ第7戦・菖蒲谷森林公園大会

  • 一覧

 マウンテンバイク(MTB)ダウンヒル競技のシリーズ戦「DOWNHILL SERIES」(ダウンヒルシリーズ)の今季第7戦が12月8、9日に兵庫県たつの市の菖蒲谷森林公園で開催され、最上級のPROクラスではベテランの井手川直樹(KONA RACING TEAM/STRIDER)が優勝した。

PROクラスを制した井手川直樹 Photo: DOWNHILL SERIES

 菖蒲谷森林公園は、年間を通してダウンヒルだけでなく、クロスカントリーのイベントも開催されている、関西では有名なMTBレースの会場。今大会は全体で62人がエントリーした。トップライダーは40秒ほどで走りきるショートコースは、根っこセクションやドロップオフも設けられ、さらにフィニッシュ直前のコーナーがキモとなる、短い時間に気を抜けないコースだ。

中間計測地点直前のドロップオフ Photo: DOWNHILL SERIES
根っこセクション Photo: DOWNHILL SERIES

 初日のタイムドセッションでトップタイムを出したのは井手川で、41秒288。2番時計は同じくPROクラスの泉野龍雅(Acciarponeracing)が43秒339で続いた。

キモとなるフィニッシュ直前のコーナーを、井手川直樹が駆け抜ける Photo: DOWNHILL SERIES

 12月の兵庫県内陸部とあって、冷え込みは厳しく、2日目はまさかの雪模様となった。本戦でトップを取ったのはやはり井手川。中間計測ポイントでは2位だったが後半追い込み、タイムドセッションより1秒速い40秒164を記録した。2位は泉野で40秒660、3位は41秒470の向原健司(MAGURA/Kabuto/RR)だった。

PROクラス表彰式 Photo: DOWNHILL SERIES

 今シーズンのダウンヒルシリーズは残すところあと1戦。最終戦は年が明けた2019年1月26、27日に、宮崎県の法華嶽公園で開催される。

関連記事

この記事のタグ

ダウンヒル ダウンヒルシリーズ マウンテンバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載