バイクインプレッション2018スプリントで生きる運動性能 グエルチョッティ「エウレカ エアー ディスク」

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 イタリアの老舗ブランドGUERCIOTTI(グエルチョッティ)のフラッグシップモデル「エウレカ エアー ディスク」のレビューを紹介する。フレームはエアロ形状を随所に取り入れ、ディスクブレーキを採用。高いスピード域で生きる運動性能を試した。

グエルチョッティのエアロディスクロード「エウレカ エアー ディスク」 Photo: Masami SATOU

 長年、UCI(国際自転車競技連合)プロコンチネンタルチームのCCC・スプランディ・ポルコウィチェをはじめ、多くのプロライダーをサポートしてきたグエルチョッティ。勝利のノウハウを蓄積したレーシングバイクの旗艦モデルとして登場したのがこの
「エウレカ エアー ディスク」だ。

 速さに直結するエアロ性能を求め、フロントフォークはダウンチューブと滑らかに接続し、シートチューブはリアタイヤに沿うような形状となる。特徴的な専用ステムとハンドルは、ワイヤーを内蔵させてフレーム内に直接通すことで空気抵抗を削減させている。

特徴的な弧を描く専用ステムとハンドル Photo: Masami SATOU
インテグレートされたフロントフォークと長方形のダウンチューブ Photo: Masami SATOU
リア三角をコンパクトにすることで、反応の良さを追求 Photo: Masami SATOU

 リア三角はコンパクトな造りとなり、チェーンステーにボリュームを持たせることでパワーの伝達効率を高めた。また、ヘッドは上下ともに1-1/2サイズと大径規格を採用。ディスクブレーキのストッピングパワーを受け止め、高い速度域でのコントロール性能も優れた仕様となった。メインのカーボン素材は40HMとなり、低弾性30HMと24HMカーボンも適材適所に配し、ワンピースモノコックにて成型される。

フロント周りの安定感が印象的。速度が増してもコントロール性を保つ Photo: Masami SATOU

 実際に乗ってみると、全体的に剛性が非常に高いバイクだ。特にフロント周りがガッチリとしており、安定性が際立っている。スプリント時にバイクを左右に振った際のコントロールしやすかったのが印象的だった。ヘッド径とスルーアクスルが効いているのだろう。コーナリングや下りなど、フロントに荷重がかかりやすい場面で生きる運動性能を持っている。

 ボリュームを持たせたBB~チェーンステーも踏み負けることなく、推進力へとパワーを変換。パワフルな選手が満足できる硬さだ。気になったのは専用となる長さ100mmのステムと、400mm幅の専用ハンドル。ワイヤー内蔵し、空気抵抗削減に貢献しているが、サイズが合わないライダーだと選択肢がなく厳しい。ジオメトリー表をしっかり見て選んでもらいたい。しかし、精度も優れ、フレームの設計思想にマッチしたものなので相性は良い。力自慢のスプリンターにとってゴール前、心強い武器になるであろう1台だった。

松尾修作松尾修作

サイクリスト編集部員。10代からスイスのUCIコンチネンタルチームに所属し、アジアや欧州のレースを転戦。帰国後はJプロツアーにも参戦し、現在は社会人チーム「Roppongi Express」で趣味のレースを楽しむ。JBCFのカテゴリーはE1。数多くのバイクやパーツを試してきた経験を生かし、インプレッション記事を主に担当している。

紹介ブランドのショップナビ店舗

関連記事

この記事のタグ

グエルチョッティ バイクインプレッション

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載