バイクインプレッション2018新しいスタンダードとなる死角なき速さ スペシャライズド「Sワークス ヴェンジ」

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 今年もっとも話題をさらったエアロロードバイクといえるだろう。スペシャライズド「S-WORKS VENGE」(Sワークス ヴェンジ)のインプレッションをお届けする。トップホビーレーサーに“速い”と言わしめた実力はいかほどか、実走して性能をチェックした。

スペシャライズドの自信作「Sワークス ヴェンジ」 Photo: Masami SATOU

 3代目となるヴェンジは今季、さらに無駄を注ぎ落してよりスタイリッシュに、より軽く生まれ変わって登場した。ブレーキは世の流れに沿うようにエアロ化を進め、潔くディスク仕様のみとなった。結果的に前モデルの「ヴェンジ・ヴァイアス」から460gもの軽量化を果たし、空力性能を向上させ、ヨー角0度で40km走行した際は8秒早いという結果が出たという。

ケーブル類を全て内蔵したフロント周り Photo: Masami SATOU
俊敏な加速を可能にしたリアセクション Photo: Masami SATOU
存在感抜群のエアロフライ2 Photo: Masami SATOU

 進化したのはフレームだけではない。完成車モデルにはエアロ効果を最大限に引き出す「エアロフライ2」ハンドルバーが付属。また、ホイールは同社ブランドのロヴァール「CLX 64 Disc」がアッセンブルされる。Sワークスの場合、クランクはパワーメーター付きの「パワークランク」が組み込まれ、プロ選手と同等の仕様となる。

セカンドグレードも注目

 筆者の周りにいる選手やサイクリストが「とにかく速い」と口を揃えていたのがこのSワークス ヴェンジ。脚質によっても評価が分かれることが多いエアロロードにとって、ここまで意見が統一されるのは珍しい。今夏、ツール・ド・フランスのスプリントステージでペテル・サガンやフェルナンド・ガビリアの区間優勝にも貢献しており、否が応でも乗る前から期待が高まっていた。

 乗り始めてすぐに皆が言う意味わかった。このバイクは本当に速い。ペダルを踏み下ろすと瞬時に推進力へと変わるし、一度スピードが乗るとなかなか落ちない。優れた剛性を誇るファクト11のカーボン素材が生きているのが実感できる。しかし、不快な硬さはなく、スプリントをしていても“頭打ち感”は全くない。エアロロードバイク独特な際立った縦剛性はないし、その進み具合とスピードに笑ってしまうほど乗っていて楽しい。

新しいスタンダードを生んだ名車になることは間違いない Photo: Masami SATOU

 上りでもリズムが取りやすく、リムハイト64mmの存在を忘れさせるほど快適。個人的に50mmハイト以上のリムは振りが重く好みではなかったが、クリンチャー仕様でありながらなぜこんなにも軽々と上れるのかと不思議に思ったほどだ。インパクトが凄まじいエアロフライだが、過剛性ではない。ダンシング時には車体全体でパッケージのまとまりを感じた。

 特筆すべきは下りの安定性で、ハイスピードでコーナーリングしていても車体はブレない。ブレーキングをかけながらの侵入でもハンドリングは常にニュートラル。ディスクブレーキに特化したフレーム設計の結果だろうか。他社から一歩抜け出したスペックという印象を受けた。

 どこを突けばいいのか悩んだが、やはり軽快さでは同ブランドの「Sワークス ターマック」に軍配が上がると感じた。低速でのバランスもターマックの方が一枚上手だろう。しかし、ヴェンジの走行性能は純平坦用からオールラウンダーへと変身を遂げている。決して上りで脚を引っ張られることはなかった。

 税抜135万円という価格には驚いたが、セカンドグレードの「ヴェンジ プロ」も用意されている。パワーメーターが付属しておらず、コンポーネントや構成は異なるものの、同じフレームを採用して税抜69万円と約半額なのはありがたい。

■スペシャライズド「Sワークス ヴェンジ」
税抜価格:1,350,000円(完成車)
サイズ:49、52、54、56
コンポーネント:シマノR9150系デュラエース(油圧ディスクブレーキ)

松尾修作松尾修作

サイクリスト編集部員。10代からスイスのUCIコンチネンタルチームに所属し、アジアや欧州のレースを転戦。帰国後はJプロツアーにも参戦し、現在は社会人チーム「Roppongi Express」で趣味のレースを楽しむ。JBCFのカテゴリーはE1。数多くのバイクやパーツを試してきた経験を生かし、インプレッション記事を主に担当している。

紹介ブランドのショップナビ店舗

関連記事

この記事のタグ

50万円以上のロードバイクスペシャライズド(SPECIALIZED)のロードバイクスペシャライズド(SPECIALIZED)のロードバイク|50万円以上

50万円~ カーボン スペシャライズド バイクインプレッション ロードバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
新春初夢プレゼント2019

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載