東京五輪へ貴重なポイントを獲得トラックワールドカップ第3戦で小林優香が女子ケイリン銅メダル獲得

  • 一覧

 ドイツ・ベルリンで開催されたUCIトラックワールドカップ第3戦で12月2日、日本の小林優香(ドリームシーカー)が女子ケイリン競技で自己最高の3位に入り、銅メダルを獲得した。

小林優香(右)がワールドカップ女子ケイリンで銅メダル © 2018 JCF

 小林は1回戦を1着、2回戦を3着で通過して1-6位決勝に進出し、決勝でも3着に入る好走を見せた。レース後の小林は「メダルを取れたことが素直に嬉しい。去年は悔しい思いをし、今年の2戦目までも悔いの残るレースだった。ここできっかけがつかめて良かった」と喜びを語った。

女子ケイリン競技を走る小林優香 © 2018 JCF

 女子ケイリンでは太田りゆ(日本ナショナルチーム)も出場。太田も7位に入り、2020東京オリンピックの出場枠獲得へ向けたポイントを得た。

 なお今大会、他の種目での日本勢は上位に進出できなかった。全6戦で行われる今季のトラックワールドカップ、次戦は12月14日よりイギリス・ロンドンにて開催される予定。

関連記事

この記事のタグ

トラックレース

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
新春初夢プレゼント2019

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載