ロードレース移籍情報2018-19小林海がルーマニアのUCIコンチネンタルチーム「MsTina-Focus」と契約

  • 一覧

 UCI(国際自転車競技連合)プロコンチネンタルチーム「NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニ」の小林海(まりの)が、ルーマニアのUCIコンチネンタルチーム「MsTina-Focus」へ移籍することが決まった。2019シーズンからの契約となり、活動の拠点をオランダに移す。

MsTina-Focus(ルーマニア)への移籍が決まった小林海(現NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニ) Photo: Kyosuke TAKEI

 今回の移籍にあたり小林は、「2年間在籍し、多くのチャンスを頂いた大門宏監督に感謝します。春先のクラシックから不調が続き、体調を大きく崩し、思うようなレースが出来ず、とても苦しんだシーズンでした。それでも私を信頼し、常にチャンスを頂いたチームに感謝します。来年の契約をMsTina-Focusより受け取り、チャンスを頂きましたルーマニアのチームに感謝し、必ず結果をだすとを覚悟を決めてシーズンオフから体調を整え、来シーズンに備えます。応援よろしくお願いします」とコメントしている。

 小林は1994年生まれの24歳。スペイン人の父と日本人の母をもつ。ニックネームは“寿司ドラゴン”。2015年のU23全日本選手権個人タイムトライアルで3位、2016年にはロンドファンフラーンデレンU23(ネーションズカップ)完走、U23全日本選手権個人タイムトライアルとロードレースで優勝、2017年にスペイン・アマチュアレース「Gran Premio Tetuan」で優勝を果たし、NIPPO・ヴィーニファンティーニにはトレーニーとして同年8月から加入、その後、正規選手として契約していた。

関連記事

この記事のタグ

チームNIPPO 移籍情報2018-19

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載