地元でのUCIクラス1レースを制す大阪BMX国際、男子エリートは吉村樹希敢が優勝 女子エリートは瀬古遥加

  • 一覧

 BMXのUCI(国際自転車競技連合)クラス1に位置づけられる「2018 大阪BMX国際」が11月25日、大阪府営大泉緑地サイクルどろんこ広場で開催され、男子エリートで吉村樹希敢(GAN TRIGGER)が優勝した。女子エリートは瀬古遥加(IRC TIRE)、男子ジュニアは島田遼(GAN TRIGGER AIC OSHU)、女子ジュニアは丹野夏波(白鵬女子高等学校)がそれぞれ優勝した。

男子エリート優勝の吉村樹希敢 Photo: 日本自転車競技連盟BMX小委員会
男子エリート表彰式(左から松下、吉村、吉井) Photo: 日本自転車競技連盟BMX小委員会

 男子エリートの決勝レースでは、スタートから吉村が先頭に立ち、松下巽(全日空商事)らの追い上げを振り切りトップでゴールした。大泉緑地のBMXコースは吉村のホームコース。同地で開催された2016年の全日本選手権でも優勝している。

 優勝した吉村は「スタートした瞬間に前に出て両サイドからの接触もあったが、引かずに突っ込んでトップに立てた。そのまま第1コーナーをトップで出ることで、自分の走りができたことが勝利につながったと思う」とコメントした。

 女子エリートでした優勝は瀬古は「第1コーナーでタイの選手に並ばれることもあったが、その後のセクションで自信があったのでしっかり自分の走りを心がけた。今日は優勝できてうれしい」と喜びのコメントを寄せた。

女子エリート優勝の瀬古遥加 Photo: 日本自転車競技連盟BMX小委員会
女子エリート表彰式(左からKITWANITSATHIAN Chutikan、瀬古、朝比奈) Photo: 日本自転車競技連盟BMX小委員会

 男子ジュニアで優勝した島田は「3本とも1着でまとめることができた。ミスはあったものの、すべてトップでフィニッシュできたのは、いいレース内容だと思っている」と振り返った。

男子ジュニア優勝の島田遼(右) Photo: 日本自転車競技連盟BMX小委員会
男子ジュニア表彰式(左より増田、島田、HARATAWAN Somkid) Photo: 日本自転車競技連盟BMX小委員会

 女子ジュニア優勝の丹野は「練習からスタートゲートのタイミングが合っていなかったが、レース本番では調子が上がり3ヒートともトップでフィニッシュできた。8月の上越大会以来のレースだったので勝ててほっとしている」とコメントした。

女子ジュニア優勝の丹野夏波(右) Photo: 日本自転車競技連盟BMX小委員会
女子ジュニア表彰式(左より酒井、丹野、早川) Photo: 日本自転車競技連盟BMX小委員会

■男子エリート結果
優勝 吉村樹希敢(大阪府/GAN TRIGGER)
2位  松下巽  (神奈川県/全日空商事)
3位  吉井康平 (東京都/FOSTER電機)

■女子エリート結果
優勝 瀬古遥加 (三重県/IRC TIRE)
2位  KITWANITSATHIAN Chutikan(Thailand)
3位  朝比奈綾香(大阪府)

■男子ジュニア結果
優勝 島田遼  (広島県/GAN TRIGGER AIC OSHU)
2位  増田優一 (大阪府/Formula International Factory Team)
3位  HARATAWAN Somkid (Thailand)

■女子ジュニア結果
優勝 丹野夏波 (神奈川県/白鵬女子高等学校)
2位  酒井亜樹 (大阪府/DEUX ROUES ELITE TEAM)
3位  早川優衣 (岡山県)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

BMX

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載