本番さながらの熱戦に期待東京五輪ロードのテストイベントが2019年7月21日に開催 獲得標高3700mの難コース

by あきさねゆう / Yuu AKISANE
  • 一覧

 2020年東京オリンピック自転車ロードレースのテストイベントが2019年7月21日に開催されることが発表された。コースは東京オリンピック自転車男子ロードレースのコースが一部短縮されたもので、距離179km・獲得標高3700mの難コースとなっている。

富士山麓をカットするも本番とほぼ同様のコース

東京五輪ロード テストイベントのコースマップ ©Tokyo 2020

 スタート・フィニッシュは本番と同様に武蔵野の森公園を出発し、富士スピードウェイに至る。序盤に登場する「尾根幹」や「道志みち」は本番と同様のコースをたどるが、中盤の有料道路の南富士エバーグリーンラインを通って富士山麓へと上るヒルクライム区間はカットされるため、1回目の籠坂峠を下って御殿場・裾野方面には向かわず、富士スピードウェイに向かう。終盤、三国峠を通って再び富士スピードウェイに戻るコースは本番と同じだ。

 本番でも難所とされる籠坂峠と三国峠が登場するなど、獲得標高は3700mに達するため、富士山麓がカットされても十分に難関コースのままだ。

東京五輪ロード テストイベントのコースプロフィール ©Tokyo 2020

 UCIカテゴリー2クラスに設定され、本番レースと同様に各国の代表チームが優先的に招待される。1チームあたり5人まで、最大24チームが出場予定だ。

 前回2016年のリオデジャネイロオリンピックの1年前、2015年にも同様のテストイベントが開催された。「インターナショナル・ロード・サイクリング・チャレンジ」と題された大会には、フランス、ベルギー、イタリアや日本を含むナショナルチーム15チームに加えて、地元ブラジルのコンチネンタルチームが1チーム出場した。最大24チームに満たない場合は通常のUCIレースと同様に、コンチネンタルチームなどのUCI公認チームも参加できると思われる。

有力選手の参戦に期待

 リオ五輪テストイベントには、ロマン・バルデ(フランス)やベン・スウィフト(イギリス)といった有名選手も参戦。出場全73人中14人がワールドチーム所属選手だった。オリンピックのプレ大会となると、出場選手も豪華になる。

 東京五輪テストイベントが開催される2019年7月21日はツール・ド・フランスと、アジア最大のステージレース「ツアー・オブ・チンハイレイク」の開催期間中となる。テストイベント当日の前後2週間内にツール以外のワールドツアーが開催されないため、ツールに出場しない有力選手たちの出場が見込める。しかし、アジアのチームの選手たちはチンハイレイクへの出場を優先するかもしれない。

 また、テストイベント開催の目的は、本番と同じコースを実際に封鎖して行うことで、通過する自治体や所轄警察との連携を強化するための運営テストといった側面が強い。参加する選手にとっては、本番同様に封鎖された車道を走って下見できる貴重なチャンスでもある。

リオ五輪男子ロードレースで勝利したグレッグ・ヴァンアーヴェルマート Photo: Yuzuru SUNADA

 リオ五輪テストイベントで勝利したのはアレクシー・ヴィエルモーズ(フランス)だった。本番ではヴィエルモーズは23位だったが、チームメイトのジュリアン・アラフィリップ(フランス)を4位に送り込んだ。またテストイベントで2位に入ったセルジュ・パウェルス(ベルギー)は本番ではアシストに徹し、グレッグ・ヴァンアーヴェルマート(ベルギー)の金メダルに貢献した。

 一方で、銀メダルはヤコブ・フルサング(デンマーク)、銅メダルがラファル・マイカ(ポーランド)が獲得したが、デンマークとポーランドはテストイベントに参加していなかった。リオ五輪に関していえば、テストイベントに参加しなかったからといって必ずしも不利になるわけではないといえそうだ。

 ただし、リオ五輪のコースは周回コース中心のレイアウトで、最後の勝負どころとなる上り区間とダウンヒルは3回ずつ通過した。仮に下見をしていなくてもレース中に上りの感覚やダウンヒルの攻めるポイントを知ることができた。

 東京五輪のコースは勝負どころとなる三国峠は1度しか通過しない。そのため、リオ五輪のコースに比べると下見する価値は大きいだろう。

 いずれにせよ、東京オリンピックを占う意味でも楽しみなレースであり、ハイレベルな戦いを期待できそうだ。

関連記事

この記事のタグ

2020東京五輪

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載