サイクリングを楽しむスペシャルサイトロードバイクのポジションって、素人がいじっても大丈夫?

  • 一覧

 自転車協会が運営するスペシャルサイト「ENJOY SPORTS BICYCLE」では、スポーツ用自転車の「乗る場所」「ルール」「メンテナンス」など、多岐にわたるコンテンツを随時更新中です。

ライディングポジションの調整は素人が手を出すとキケン? Photo: Junji NAKAYAMA

 スポーツサイクリング初心者が陥りがちな機材トラブルとその解決法を紹介するコラム『メカトラ事件簿』では、「素人によるポジションアドバイスの危うさ」がテーマの最新記事が登場しました。一般車に比べてロードバイクなどスポーツ用自転車は、サドルやハンドルの高さや前後位置などポジション(乗車姿勢)を、細かく調整して乗るのが“ふつう”です。セッティングは楽しい部分でもありますが、ただ、初心者がうかつに手を出すと、終わりの無い迷路に入り込んでしまう危険性も…。まずはポジション合わせに関する大原則となる考え方を知っておきましょう。

 全国のサイクリングコース紹介には、復興が進む福島県相馬市のJR相馬駅から出発する「ビギナー向け霊山ヒルクライム 牧場直営のソフトクリームライド」が登場。歴史的スポットに立ち寄りながら、季節を感じる渓流沿いを走って、濃厚な牧場直営のソフトクリーム屋さんを目指しましょう。コースを豊富な写真で詳細にリポートします。

相馬駅から絶品ソフトクリームを目指してヒルクライム Photo: Shusaku MATSUO
海外のマウンテンバイク事情は? Photo: GibsonPictures / E+ / Getty Images

 自転車関連の著名人が答えるQ&Aコーナーでは、マウンテンバイク・ダウンヒルプロライダーの井手川直樹選手が、「日本の走行環境は海外と違いますか?」という質問に回答。かつて史上最年少の16歳でマウンテンバイク・ダウンヒルの全日本チャンピオンに輝き、海外チームでワールドカップも転戦した井手川選手。豊富な海外経験から、走行環境の違いを具体的に教えてくれました。井手川選手の最新インタビューも掲載中です。

大活躍中のサッシャさんの、スポーツ実況のルーツは何と自転車競技! Photo: Kenta SAWANO

 サイトでは他にも、本場ヨーロッパのトッププロチームで活躍する新城幸也選手、ミニベロが大好きなタレントの石井正則さん、サイクルロードレース実況でおなじみのサッシャさん、元アトランタ五輪日本代表から47歳で復活のMTB女王に輝いた小林可奈子さんら、著名人のインタビューを掲載しています。

 充実のコンテンツは上記のほかにも、全国のマウンテンバイクフィールドの紹介お役立ち動画や、著名人インタビューメカトラブル辞典など、幅広い内容で自転車スポーツライフをバックアップします。ぜひご覧ください。

関連記事

この記事のタグ

自転車協会

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
新春初夢プレゼント2019

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載