2018-2019は岐阜・愛知で全8戦開催東海シクロクロス今季第2戦は山中真が優勝 キナンサイクリングチームの雨乞竜己が2位

by 福光俊介 / Syunsuke FUKUMITSU
  • 一覧

 東海地区を転戦するシクロクロスシリーズ「東海シクロクロス」の2018-2019シーズンの第2戦が、11月18日に岐阜県各務原市の各務原アウトドアフィールドで行われた。最上位のC1カテゴリーにキナンサイクリングチームの雨乞竜己が出場。60分で争われたレースの中盤に連続アクシデントに見舞われた雨乞だったが、後半に追い上げ、最終的に2位にまとめている。

東海シクロクロス2018-2019シーズン第2戦、C1カテゴリーの上位3人 Photo: KINAN Cycling Team / Syunsuke FUKUMITSU

全国統一カテゴリーで開催

 全国各地で開催されるシクロクロスシリーズは、東海地区も熱いレースが毎シーズン展開されている。東海シクロクロスの2018-2019シーズンは、岐阜県と愛知県を転戦する全8戦で構成。今節に先立ち、11月4日に開幕戦が岐阜県海津市で開催された。

 この冬はシクロクロスに主眼を置く雨乞は、これがシーズン5戦目。各所でのシリーズ戦に参戦してきたが、チームのホームでもある東海地区でのレースに満を持して臨むことになった。

会場の各務原アウトドアフィールドには多くのブースが出展 Photo: KINAN Cycling Team / Syunsuke FUKUMITSU
スタート前に選手同士で情報交換 Photo: KINAN Cycling Team / Syunsuke FUKUMITSU

 選手の実力やスキルに応じて細かくカテゴリー分けされるシクロクロスだが、最上位のC1は、UCI(国際自転車競技連合)やJCF(日本自転車競技連盟)の競技規則に基づき行われ、レース時間の60分も国際大会などと同様。例年12月に開催される同種目の全日本選手権や、同じく2月に開催される世界選手権へとつながる道は、C1カテゴリーで走ることが重要な条件となる。

 また、土や砂、芝、石などの不整地のほか、シケインや階段といった障害物が設けられているのもこの競技の特徴。各務原の1.8kmの周回コースは、地面に丸石が多く、周の前半にはシケインが控える。1周回目のラップタイムをもとに決定する周回数は今回、16周となった。

最初のコーナーを4番手で入った雨乞竜己。序盤はアクシデントが重なった Photo: KINAN Cycling Team / Syunsuke FUKUMITSU

雨乞はアクシデントが連続

 そうした条件下で始まったレースは、最初のコーナーで集団前方を走っていた選手が落車。4番手でコーナーに入った雨乞はクラッシュこそ免れたものの、足止めを余儀なくされポジションを下げてしまう。スタート直後の出遅れを取り戻すべく、レース前半は少しずつ順位を上げながら展開していった。

シケインを越える雨乞竜己。観客からの注目度もひときわ高い Photo: KINAN Cycling Team / Syunsuke FUKUMITSU

 単独トップに立った山中真(GT Bicycles/CLT)に一時は25秒近いタイム差とされた雨乞だったが、少しずつ遅れを取り戻し、約10秒差にまで迫る。だが山中の背中が見えてきた中盤に連続してアクシデントが発生。シケインを飛び越える際にミスし転倒すると、すぐに立ち上がって走り出すも直後にチェーントラブルで1分近いタイムロス。この間、2番手から8番手にまでポジションを大きく下げ、この時点で雨乞のトップへの浮上は厳しい情勢となってしまった。

 しかし、雨乞はここから意地を見せ、上位争いを繰り広げる選手たちを猛追。1人、また1人とライバルをパスしていくと、レース終盤には2番手争いのパックに加わる。表彰台をかけた戦いは、地力を見せた雨乞がパックから抜け出して最終周回の鐘を聞いた。

2位争いのパックから抜け出した雨乞竜己。チームの鈴木新史アドバイザーが見守る Photo: KINAN Cycling Team / Syunsuke FUKUMITSU

全日本選手権へ収穫の走り

 雨乞はトップの山中までは届かなかったものの、かろうじて2位を確保しフィニッシュラインを通過。優勝候補として臨んでいただけに、中盤のトラブルが悔やまれる結果だった。一方で、猛追した後半の走りなどは、目標とする全日本選手権(12月9日)を前に十分な手ごたえに。課題と収穫が明確になったレースだった。

2位でフィニッシュした雨乞竜己 Photo: KINAN Cycling Team / Syunsuke FUKUMITSU
2位で表彰台に登った雨乞竜己 Photo: KINAN Cycling Team / Syunsuke FUKUMITSU

 雨乞の次戦は、12月2日の愛知県新城市・ふれあいパークほうらいでの同シリーズ第3戦を予定。同戦は「IRC CUP」として、キナンサイクリングチームのタイヤサプライヤーであるIRC TIREがイベントスポンサーを務めることになっている。

東海シクロクロス2018-2019第2戦C1カテゴリー(60分、0.2+1.8km×16Lap)結果
1 山中真(GT Bicycles/CLT)1時間5分32秒7
2 雨乞竜己(キナンサイクリングチーム)+25秒
3 岩田祐樹(team36隊/cyclespaceHalo)
4 斉藤和哉(シルクロード)+27秒
5 岡理裕(Bicycle-WATANABE)+40秒
6 大原満 +1分3秒

●雨乞竜己のコメント

 負けてしまいました…。新しいバイクを投入して、(全日本選手権に向けて)慣れるという意味ではよかったと思う。ただ負けてしまったので…。バイクについてはポジションなど修正すべき部分はあるが、感触は良い。
全日本選手権はスターティンググリッドが後方になる可能性が高いが、少しでも上の順位で終えられるよう走りたいと思っている。次のIRC CUPで何としても結果を出して、全日本につなげたい。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

キナンサイクリングチーム シクロクロス

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載