新製品情報2018ノースウェーブがゴアテックス採用のウィンターシューズを発売 最大−10℃までカバーなしで対応

  • 一覧
EXTREME RR 2 GTX(ブラック) ©NORTHWAVE

 シューズやサングラスなどを販売するイタリアの自転車用アクセサリーメーカー「ノースウェーブ」が、「Gore-Tex」(ゴアテックス)を採用した「クライマフレックスカラー」構造のウィンターシューズを発売した。シューズにソックスが合体したような形状で、冷気を遮断するネオプレーン素材と、防風・防水効果が高い柔軟な「Gore-Tex Rattler」素材を組み合わせて足元の自由度を保ちつつ足を温かく快適に保つ。シューズカバーの脱着のわずらわしさからも解放される。

起毛素材で冷気遮断と保温

 「EXTREME RR 2 GTX」起毛加工が施されたゴアテックス Durathem Kelvin(デュラセーム・ケルビン)を採用することで、氷点下の−10℃から5℃まで対応する最高レベルでの冷気の遮断とつま先の保温性を持つシューズに仕立てられた。アッパーは夏用のフラッグシップモデル「エクストリーム RR」と同じく特許を取得した「Xframe」構造でデザインされ、足の形状に合わせ包み込むような今までにない抜群のフィット感を実現。ソールは剛性指数10のカーボンコンポジットソールを使用している。

 「FLASH ARCTIC GTX」は起毛素材の「ゴアテックスKOALA」を使用したロード用シューズ。KOALAメンブレンは厳冬期の登山靴用に開発された素材で−10℃まで耐えることができる。タンレスのオーバーラッピング構造で優れたフィット感を実現。剛性指数8のカーボン補強されたナイロンソールを使用している。

FLASH ARCTIC GTX(ブラック) ©NORTHWAVE
FLASH ARCTIC GTX(イエロー) ©NORTHWAVE
RAPTOR GTX(ブラック) ©NORTHWAVE

 「RAPTOR GTX」は程よい起毛加工が施された「ゴアテックスPIQUE」を採用することで、極寒地以外の−3℃から15℃の幅広い温度帯で使いこなせるSPDシューズ。タンレスのオーバーラッピング構造で優れたフィット感を実現。剛性指数8のカーボン補強されたナイロンソールを使用。冬のシクロクロス用としても最適だ。カラーはブラックとイエロー、カモ柄の3色を展開している。

RAPTOR GTX(イエロー) ©NORTHWAVE
RAPTOR GTX(カモ/ロブスターオレンジ)©NORTHWAVE

■EXTREME RR 2 GTX
カラー:ブラック
サイズ:39-44(ハーフサイズなし)
税抜価格:41,000円

■FLASH ARCTIC GTX
カラー:ブラック,イエローフルオ
サイズ:39-44(ハーフサイズなし)
税抜価格:34,000円

■RAPTOR GTX
カラー:ブラック、イエロー、カモ/ロブスターオレンジ
サイズ:39-44(ハーフサイズなし)
税抜価格:30,500円

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ノースウェーブ 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載