自転車事故の件数は全国1位大阪府が学校教員対象の交通安全教室 自転車関連事故の防止策や指導事例を共有

  • 一覧
大阪府が小学校〜高校の教員を対象にした交通安全教室を開催。自転車の安全利用促進委員会メンバーの遠藤まさ子氏らが講演を行った Photo: Bicycle Safety Committee

 自転車による事故件数が全国で最も多い大阪府で11月14日、府教育庁が主催する交通安全教室が大阪国際交流センターで行われ、府内の小学校から高校までの教員約100人が参加した。自転車による交通事故の事例や自転車通学指導の事例などが紹介され、参加した教員らは真剣に耳を傾けていた。

 同教室ではまず、大阪市立大学大学院・工学研究科の吉田長裕准教授が、「国内外事例から見た学校における交通安全教育の進め方」について講演。続いて、大阪府警察本部交通総務課・自転車対策室の山川勝警部補が、「自転車関連交通事故防止対策」について話をした。

 また、自転車の安全利用促進委員会メンバーで、自転車ジャーナリストの遠藤まさ子氏が、「全国の事例から学ぶ、自転車通学指導」というテーマで講演。近年発生した中高生による自転車事故事例などを解説し、全国の自転車通学指導事例を具体的に紹介した。

交通安全にはルールやマナーといったソフト面だけでなく、適切なメンテナンスや安全な自転車選びなどハード面も重要。自転車協会が制定したBAAマークは、安全・安心な自転車の目印となる © Bicycle Association (Japan)

 遠藤氏は、法令順守などルール・マナーに関する指導はもちろんのこと、自転車の定期メンテナンスなどの自転車自体の安全性に関する指導も重要なことに触れた。実際に自転車通学生の自転車を教員が一斉点検する学校の事例や、自転車安全整備店の協力を得て自転車通学の生徒全員の自転車の整備・点検を毎年実施している事例、90項目以上の安全基準をクリアした証であるBAAマークの付いた自転車を推奨車とする案内を家庭に配布している事例などを紹介。指導に活用できる動画教材などもあわせて紹介した。

 自転車教室に参加した教員からは、「自転車安全指導について、多くのデータや画像を用いて説明していただき、わかりやすかった」「動画でも説明いただいた自転車安全講習会に関しては、自分の学校でも取り入れたい」といった感想が寄せられた。今後府内の各学校での自転車通学の安全指導に役立てられる見込みだ。

関連記事

この記事のタグ

セーフティーライド 大阪府

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
新春初夢プレゼント2019

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載