子乗せ電動アシスト自転車の再利用もさいたま市とハローサイクリングがシェアサイクル実証実験 公共施設でステーション拡大

  • 一覧
「HELLO CYCLING」のステーション分布。さいたま市内にはすでに数多くステーションが設置されているが、さらに多く設置され利便性が高まる © OpenStreet

 シェアサイクルプラットフォーム「HELLO CYCLING」(ハローサイクリング)を提供するOpenStreet(オープンストリート)が11月14日、さいたま市と共同でシェアサイクルの実証実験を実施することを明らかにした。期間は同日から2021年3月末を予定。さいたま市がステーション(駐輪場)を設置するための公共用地の提供を行うほか、災害時の活用や、子供乗せ電動アシスト自転車の買い取りによる再利用などを協力して進める。市内における新たな交通サービスとして、シェアサイクル事業の効果や採算性などを検証し、本格導入に向けた課題の整理を行う。

 ハローサイクリングはスマートフォンの「HELLO CYCLING」アプリで、簡単に自転車の検索や利用予約などが可能。15分60円から利用でき、24時間以内なら最大1000円で利用できる。

 さいたま市内においてハローサイクリングは現在、190カ所のステーションと、約500台の自転車が稼働している。これを市が提供する用地を利用し、100カ所以上のステーションを順次拡大する予定。自転車の台数も1000台以上を目標に拡大していく。補助金や委託料など、さいたま市が負担する費用はないという。

 災害時の取り組みとしては、防災に関係する市職員にハローサイクリングが利用できるICカードを配布。有事における通信障害・停電時にもシェアサイクルが利用でき、医療施設や防災関連施設への移動手段として役立てる。今年6月の大阪北部地震の際の利用状況を検証した結果、交通機関が停止した有事の移動手段として、自転車が有効であることが確認されたという。

 また児童の就学時期に不要となることが多い子供乗せ電動アシスト自転車を買い取り、スマートキーを取り付けてシェアサイクルとして再利用する。スマートキーが独立し自転車の種類を問わないハローサイクリングならではの施策で、これによりさいたま市の子育て支援の一助になることを目指す。

 このほか、ステーションとして提供される公共施設の情報をアプリ上で配信。臨時休館やイベント開催などのタイムリーな配信により、公共施設利用者の利便性アップと、さいたま市の情報発信に貢献するという。

関連記事

この記事のタグ

シェアサイクル 埼玉県

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
新春初夢プレゼント2019

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載