自転車本体の安全性も重要生徒への指導方法を考える 愛知県で私立中高の教員対象に「自転車通学指導セミナー」

  • 一覧
自転車ジャーナリストの遠藤まさ子氏による講演 Photo: Bicycle Safety Committee

 愛知県内の私立中学・高校の生徒指導担当教員を対象にした、文部科学省後援の「自転車通学指導セミナー」が11月13日、名古屋市の名古屋ガーデンパレスで開かれた「第48回愛知県私学教育研修会 生徒指導部会」において実施された。「自転車の安全利用促進委員会」と、「自転車協会」が共同で開催。

 セミナーではまず、自転車の安全利用促進委員会メンバーである自転車ジャーナリストの遠藤まさ子氏が、全国と比較しても件数の多い愛知県内の中高生の通学時自転車事故について解説。具体的な指導方法について、全国の自転車通学指導事例を紹介した。

トークセッションでは、安全な自転車の選び方の重要性が話題に Photo: Bicycle Safety Committee
愛知県は通学中の自転車事故が中学生は都道府県別で全国第6位、高校生は第3位と、比較的多く発生している(自転車の安全利用促進委員会作成)

 続く愛知県防犯登録協会・愛知県モーター商協同組合の髙野守夫氏とのトークセッションでは、10代ならではの自転車利用特性と、ハード面の教育の重要性が話題に。安全に自転車通学するために欠かせない整備メンテナンスのポイントや、自転車の選び方についての解説が行われた。「事故を起こさないためには、“自転車を安全に保つこと”と“事故が起きにくい自転車を選ぶこと”が重要です。自転車選びの目安として、BAAマークが貼付された自転車を選びましょう」と参加者にアドバイスした。

自転車協会が制定したBAAマークは、約90項目の自転車安全基準に適合した製品に貼られ、安全・安心な自転車の目印となる © Bicycle Association (Japan)

 出席校の自転車通学状況について事前にアンケートを実施したところ、イヤホン・スマホなどの“ながら”運転や並列走行などの生徒達のモラルに悩む一方で、自転車通学指導に力を注ぐ時間の確保が難しいといった声が上がっていたという。遠藤氏からは効率的に自転車通学指導を実施する方法などについて紹介。また遠藤氏と高野氏への質疑応答では、各校の自転車通学指導上の悩みなどが質問として挙がり、学校ごとに個別のアドバイスも行われた。

 参加した教員からは「学校だけの指導でなく、家庭・地域・自転車店・学校の連携が重要」「生徒指導担当教員だけでなく、学校全体として自転車安全を取り上げていきたい」などといった感想が寄せられた。

関連記事

この記事のタグ

セーフティーライド 愛知県 自転車協会

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載