ライバルを振り切る作戦が奏功【詳報】羽地ダムの上りで全開アタック 紺野元汰が独走に持ち込みおきなわ市民初制覇

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 “市民レーサーの甲子園”と称されるツール・ド・おきなわ市民210km。その頂点に輝いたのは優勝候補の筆頭に挙げられていた紺野元汰(SBC Vertex Racing Team)だった。多くのライバルからマークされたなか、プレッシャーを跳ね除けて強さを見せつけた。上位3選手インタビューとともに、レースの模様をリポートする。

市民レース210km表彰式。優勝した紺野元汰(中央)、2位の寺崎武郎(左)、3位の白石真悟(右) Photo: Shusaku MATSUO

 ツール・ド・おきなわ市民210kmが強豪ホビーレーサーを引き付ける魅力とは、ひとえにロードレースの要素を凝縮していることに限る。全て封鎖した一般公道を走り、本格的な山岳や、ハイスピードな平地区間が登場…獲得標高は3000mに迫り、テクニカルな下りコーナーがいくつも選手を待ち受ける。フィジカルはもちろん、頭脳や経験を生かさなければ勝つことができないホビーレーサーにとって国内で最もステータスの高いレースと言えるだろう。

井上、高岡、森本が落車でストップ

 ことし30回目のメモリアルレースとなった今大会。辺りがまだ暗い早朝から、レースの参加者たちがスタート会場となった名護市役所前へと集まってくる。前列には昨年3連覇を達成した高岡亮寛(Roppongi Express)をはじめ、松木健治(VC VELOCE)や井上亮らシード権を持つ選手が固めている。スタートの号砲と、約400人分のサイクルコンピューターのビープ音が鳴り響くなか、午前7時27分、一斉にスタートを切った。

レース序盤は5人の逃げが続く。写真は約70km地点の与那付近 Photo: Masahiro OSAWA

 有力勢が変わらず前方を固めるなか、5人の選手が逃げを決めた。メイン集団内ではところどころで落車が発生するも、先頭付近ではローテーションでペースを保ちながら大きな混乱なく距離を重ねていく。一つ目の大きな山場である普久川ダムへの1回目の上りもアタックはかからず、様子見といったスピードで淡々と越えた。

 ややメイングループ内の強度が上がったのは「奥」の上り。森本誠(GOKISO)を先頭に、じわじわと速度が上がり、選手は集団から列へと形を変えていく。大きな振るいにかけるまでは至らないものの、ここまでで約100km弱をこなしており、選手の実力差が表れ始めるポイント。互いの顔色をうかがいつつ、海岸線沿いを高速ローテーションで駆け抜け、2回目の普久川ダムへと突入した。

 1回目を思わせるペースで、緩急のない速度で進むメイングループだったが、中盤を過ぎたころからスピードアップ。再び上りを得意とする森本らが集団を牽引し、人数を絞りにかかる。先頭から10~20人のパックに分断がおき、各グループ勢いそのままに補給所を通過した。全開で時速70kmを超える高速ダウンヒルへと向かったが、つかの間の下り区間もあっという間。下り終わってすぐ始まる約5分間の急坂区間「学校坂」で更なる振るいがかけられ、残ったのは優勝を目指す強豪のみ。ここから本当の意味での勝負のスタートが切られた。

先頭の5人を追う大集団(約70km地点の与那付近) Photo: Masahiro OSAWA

 ここから先は大きな上りはさほど登場しないが、常にアップダウンを繰り返し、選手の脚を削っていく。名のある選手が「いよいよ」と身構えるなか、アクシデントが起こった。井上がバランスを崩して落車し、高岡、森本、新井康文(フォルツァ)らが巻き込まれ、足止めを強いられた。高岡はここから単独で先頭を追うことになり、早くも4連覇へ向け赤信号が灯った。

与那林道2回目。5人の先頭集団から2人脱落して3人に Photo: Masahiro OSAWA

 一方、調子の良さを見せるのが紺野と岡泰誠(イナーメ信濃山形)だ。ともにことしのUCI(国際自転車競技連合)グランフォンド世界選手権へ出場した2人は、先頭で立ち回りレースをコントロールする。最後の補給ポイントである慶佐次付近では紺野が単独でアタックし、1人で逃げ続ける場面も見られ、好調をアピールした。

 「ここから行くつもりはなく、追いついた数名で勝負をしたかった」という紺野。ここに、寺崎武郎(バルバレーシングクラブ)や松木、2回の優勝経験を持つ白石真悟(シマノドリンキング)が追いつき、勝負は最後の大きな上り「羽地ダム」へと持ち越された。

「勝てると確信していた」

 羽地の上りで最初に仕掛けたのは白石だった。そのカウンターを仕掛けるように紺野がアタック。白石と寺崎が食らいつき、松木がその後ろの数人を牽引して上る。「最初から羽地のトンネルで右折したポイントから全開でアタックすれば勝てると踏んでいた」とレース後に明かした紺野は、その言葉通りに勢いよく勝負に出た。白石はフィニッシュまでの下りと平坦区間で紺野に追いつき、スプリントへ持ち込む算段だったが、紺野のスピードはその予想を上回り、下りきるまでに約35秒のリードを築いた。

嬉しさのあまり何度もガッツポーズしてゴールした紺野元汰 Photo: Masahiro OSAWA

 スプリントが得意という前評判とは裏腹に、追い風に乗る紺野がフィニッシュエリアに姿が見えるころ、後続につけた差は約50秒まで広がっていた。独走での優勝という完全な勝ち方に喜びを爆発させた紺野は大きく手を広げてゴールラインを切った。一方の後続グループは、残り400m付近から田崎友康(F(t)麒麟山Racing)が仕掛けると、小畑郁(なるしまフレンド)がその差を詰めてスプリントを開始。2位争いを制したのはスプリント力に長けた寺崎だった。3位には白石が入っている。

優勝した紺野元汰(SBC Vertex Racing Team) Photo: Shusaku MATSUO

 「羽地からの下りで30秒以上の差がつけられればそのまま、もしつかなければ集団へと戻る作戦でした。35秒ということでGOでしたね。スプリントで行くだろうという大方の予想を覆し、独走勝利は狙っていました」と話す紺野。最も恐れていたという寺崎のゴールスプリントを警戒し、新たなスタイルでの勝利となった。初出場となった昨年はいわば様子見だったという。ことしは、1年をかけて大会へ準備を進め、このレースにピークを合わせてきた。

 今大会の目標は「高岡選手を抑えて優勝すること」としていた紺野は、次なる目標をUCIグランフォンド世界選だと語る。「ことしの世界選はいわばニセコクラシックの惰性でした。補給など細かい点も海外レースということで不慣れなこともあった。ピークを持っていけば3位以内も十分に狙えるはずです」と次なる目標を示した。

2位寺崎武郎、3位白石真悟、4位田崎友康と続いてゴール Photo: Masahiro OSAWA

2位寺崎、3位白石も紺野の強さに賛辞

 2位の寺崎はスプリントに勝機を見出して立ち回っていたが、上りで屈するかたちとなった。「紺野選手の調子の良さはレース中幾度となく感じました。『もう止めてくれ』と思った選手も多かったはず。最後は5人ほどとなり自分にとっては美味しい理想の展開となりましたが、羽地をクリアできる脚がなかったということです」と展開を振り返った。

2位の寺崎武郎(バルバレーシングクラブ) Photo: Shusaku MATSUO
3位の白石真悟(シマノドリンキング) Photo: Shusaku MATSUO

 3年ぶりの出場となった白石は、前回出場の大会でパンクを経験。一桁台でのフィニッシュだったが、その時の悔しさを晴らすため、今できることをして臨むとどのような結果を得られるか試すために出場だったという。「羽地まで脚を残すことができていたと思いますが、紺野選手が強かった。羽地のトンネル後、紺野選手と2人で行くのではなく、後続グループへと戻り、平地区間で紺野選手を吸収してからスプリントを狙いましたがダメでした。紺野選手は強かった。勝つべく選手が勝ったレースだと思います」と賛辞を贈った。

 年々ハイレベルになっていると指摘される市民210km。若手の勢い、ベテランの経験が交錯し、激しいレース展開が繰り広げられた。大会の魅力にとりつかれた市民210kmの選手たちは、つかの間のオフシーズンを経て、次回大会へ向けた準備が進められることだろう。

ツール・ド・おきなわ 市民レース210km結果
1 紺野元汰(SBC Vertex Racing Team) 5時間16分03秒
2 寺崎武郎(バルバレーシングクラブ) 5時間16分53秒
3 白石真悟(シマノドリンキング) 5時間16分54秒
4 田崎友康(F(t)麒麟山Racing) 5時間16分54秒
5 松木健治(VC VELOCE) 5時間16分54秒
6 小畑郁(なるしまフレンドレーシングチーム)5時間16分55秒

関連記事

この記事のタグ

ツール・ド・おきなわ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
新春初夢プレゼント2019

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載