独走で他を寄せ付けず【速報】紺野元汰が初優勝 ツール・ド・おきなわ市民レース210km

by 大澤昌弘 / Masahiro OSAWA
  • 一覧

 ツール・ド・おきなわ2018のロードレースが11月11日開催され、ホビーレーサーの甲子園と称される「市民レース210km」で、紺野元汰(SBC Vertex Racing Team)が初優勝を飾った。

独走優勝を飾った紺野元汰 Photo: Masahiro OSAWA

 市民レース210kmは、UCI(国際自転車競技連合)のアジアツアークラス1.2の「男子チャンピオンレース」と同じ、沖縄県北部地域(通称やんばる)を巡るコース。最後は残り5km時点で単独トップに出ていた紺野元汰がゴールまで独走勝利した。

 2位に寺崎武郎(バルバレーシングクラブ)、3位に白石真悟(シマノドリンキング)が入った。

関連記事

この記事のタグ

ツール・ド・おきなわ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
新春初夢プレゼント2019

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載