バイクインプレッション2018よりオールラウンドな性能へと正常進化 BHのエアロロードバイク「G7 PRO」

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 BH(ビーエイチ)のハイエンドエアロロードバイク「G7 PRO」のバイクインプレッションをお届けする。前作の「G6 PRO」のアイデンティティを受け継ぎつつも、よりシャープなスタイリングへと正常進化し、ベース性能を向上。平地だけでなく、上りも軽やかな正統派ロードバイクの実力をチェックした。

BHのエアロロードバイク「G7 PRO」 Photo: Masami SATOU

 ビーエイチのGシリーズは、基本的なスタイルはそのままに、ブラッシュアップを繰り返してきたブランドを代表するモデルだ。G7 PROも例外ではなく、スローピングフレームやシートチューブが延長した形状のセミインテグラルシートポストなど、脈々と初期のコンセプトが生かされている。

前面投影面積を極力抑え、空力性能を追求 Photo: Masami SATOU
タイヤをギリギリまでフレームに沿わせつつ、パワーを受け止めるためボリュームを持たせたBB Photo: Masami SATOU
シートチューブを延長させたセミISPシートポスト構造 Photo: Masami SATOU

 G6 PROから大きく変わったのはリアブレーキの位置だ。前作ではボトムブラケット下に配されていたが、シートステーへと移動。キャリパーの整備性が比較的に向上した。インテグラルシートポスト部は絞り込まれており、後部はカムテール形状を採用。平面にシートポストを固定する2本のボルトが配されており、こちらも整備性に優れている。

前作の不満点を解消

 ビーエイチの走りのファンである筆者は、軽量モデルの「ウルトラライト」を所有。軽やかな身のこなしで、どの速度域からも気持ちよくスピードが伸びる。山岳でアドバンテージになるウルトラライトシリーズだが、平地の巡航性能はGシリーズに軍配が上がるだろう。前作G6 PROの走りも素晴らしく、今までインプレしてきたバイクの中で3本の指に入るほどお気に入りだった。しかし、25Cのタイヤ幅がギリギリのシートステークリアランスや、BB下のブレーキ位置の構成は好みとは言えなかった。

瞬発力に磨きをかけ、より伸びやかな性能を実現した Photo: Masami SATOU

 G7 PROはその不満点が全て解消し、扱いやすさが向上した。筆者は気にならなかったが、シートチューブの長さがXSサイズで3cm、SMサイズで4cm短くなったため、「あともう少しシートポストを下げたい」と思っていた小柄なライダーにとっても朗報だろう。

 肝心の走りだが、ビーエイチらしさを保ちつつ、軽やかになった印象を受けた。エアロロードにありがちな縦剛性の過剰な高さもなく、長い距離のライドでも脚が残るだろう。スプリント時のような大きなパワーをかける際、後ろから押し出されるような推進力はややスポイルしたと感じた。しかしながら思わず踏みたくなる性格は相変わらずだ。エアロロードバイクながら山岳用バイクに匹敵する走りの軽さを生かし、上りでの更なる速さを手にした。より場所を選ばず、オールラウンドに結果を出してくれる頼もしい1台だ。

■BH「G7 PRO」
税抜価格:348,000円(フレームセット)
サイズ:SM、MD、MA

松尾修作松尾修作

サイクリスト編集部員。10代からスイスのUCIコンチネンタルチームに所属し、アジアや欧州のレースを転戦。帰国後はJプロツアーにも参戦し、現在は社会人チーム「Roppongi Express」で趣味のレースを楽しむ。JBCFのカテゴリーはE1。数多くのバイクやパーツを試してきた経験を生かし、インプレッション記事を主に担当している。

紹介ブランドのショップナビ店舗

関連記事

この記事のタグ

バイクインプレッション ビーエイチ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
CyclistポケットTシャツ

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載