購入時の選び方も重要に三重県で高校教員向け自転車通学指導セミナー開催 定期メンテナンスの大切さ訴える

  • 一覧

 自転車のルール・マナー等の正しい利用方法や自転車の選び方、メンテナンスの重要性を啓発する「自転車の安全利用促進委員会」と自転車協会が10月30日、三重県内の高等学校教職員を対象に「教員向け自転車通学指導セミナー」を三重県教育委員会と共同で開催した。参加した25人の教職員等からは「他校の取り組みが知れたのが大変参考になった」「具体的な自転車点検のポイントがわかり、生徒にもう一歩踏み込んだ具体的なアドバイスができると感じた」などといった感想が寄せられた。

教員向け自転車通学指導セミナーの様子 ©自転車の安全利用促進委員会

早めのライト点灯が大切

 三重県内では通学に自転車を利用する生徒が多く、学校での自転車通学の指導に関心が集まっているという。近年では、自転車通学中の事故により、被害者になるばかりか、加害者になるケースも発生しており、教育の現場では通学時の指導が課題になっている。

自転車ジャーナリスト遠藤まさ子さんが自転車通学における現状を解説 ©自転車の安全利用促進委員会

 同セミナーではまず、自転車の安全利用促進委員会メンバーで自転車ジャーナリストの遠藤まさ子さんが、三重県の交通事故状況を解説。三重県内の交通事故は、冬に事故件数が多い傾向にあると指摘したうえで、10月中旬以降、1週間ごとに日入りが約10分早まるため、下校時点で明るくとも、早めのライトの点灯が大切だと述べた。

 同氏はさらに、全国の自転車通学指導事例を解説し、ルール・マナーに関する指導をはじめ、自転車メンテナンスが安全性につながるという観点から、定期メンテナンスなどが重要であると訴え、指導のコツやポイントもレクチャーした。

日々の点検が重要、自転車選びのポイントも

整備のポイントは日本車両検査協会の高橋泰仁さんがレクチャー ©自転車の安全利用促進委員会

 自転車整備のポイントについては、日本車両検査協会の高橋泰仁さんがレクチャー。注意点を具体的にするために実際の自転車を用いてポイントを解説した。

 同氏は、車両自体の不具合による事故は2017年に全国で413件発生しており、そのうち約2割が中高生の事故であると指摘。事故の発生状況に触れたうえで、日々の点検の重要性や、自転車選びのポイントについても紹介した。

BAAマーク。自転車協会が制定し、同協会が定める自転車安全基準に適合した製品に貼られている。BAAマークの自転車安全基準は全部で約90項目もあり、安全・安心な自転車の目印として認知されている  ©自転車協会

 同氏は「自転車を選ぶときはサドルの下に貼られている『BAAマーク』を目印にして、安全な自転車に乗ってください」とセミナーで述べた。BAAマークは自転車協会が制定し、同協会が定めた約90項目に及ぶ安全基準に適合した製品に貼られており、安全・安心な自転車の目印となる。

 また、意見交換会では、自転車通学指導に関する悩み、効果のあった指導例などを教職員同士で共有・相談し合い、遠藤さんが個別にアドバイスも行った。

関連記事

この記事のタグ

自転車協会

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
CyclistポケットTシャツ

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載