バイクインプレッション2018兄弟機から性格を変えたしなやかな乗り味 コーダーブルーム「ファーナSL2」

  • 一覧

 スポーツバイクを中心に取りそろえる国内ブランド「KhodaaBloom」(コーダーブルーム)から、アルミ素材を採用した「ファーナSL2」のレビューをお届けする。フレームは過度な剛性を排除し、しなやかな走りを目指して開発。伸びのある実戦向きバイクとして誕生した。

しなやかかつ俊敏な機動力を持つコーダーブルーム「ファーナSL2アルテグラ」 Photo: Masami SATOU

チューブは楕円形状を採用

 本格ロードバイクを幅広いバリエーションでラインナップしているファーナ。レーシーな走りを追求するモデルとしては、軽量かつ空力性能に優れたカーボンフレームがハイエンドバイクとして構えているものの、アルミフレームも引けを取らずに存在感を放っている。「ファーナSL」はフレーム全体のステータスを高剛性側に振った性格となっており、角ばった各チューブが特徴となる。

楕円形のダウンチューブ形を採用 Photo: Masami SATOU
チェーンステーは絞り込まれ、クリアランスを確保 Photo: Masami SATOU
メタリック調のアクセントが締まった印象を演出 Photo: Masami SATOU

 一方のファーナSL2はファーナSLの兄弟機として登場。ダウンチューブは楕円形チューブを用いて、コントロールしやすい剛性とし、過剰な尖りを配した設計となっている。リア三角もまた、シートステーとシートチューブの接続点を低くすることで小型化。しなりを生かし、優れた伸びを発揮するバイクへと仕上げられた。

 一見するとシンプルな外観となっているが、フロントフォークへ施されたシルバーのメッキ調ラインがワンランク上の佇まいを演出しているのも注目すべきポイントの一つだ。シックにまとめられた車体は手を入れる余白があるともいえ、カラーパーツも取り入れやすく、自分好みの一台に仕上げていく楽しみも味わえそうだ。

路面に張り付く安定性も魅力

 肝心のライドインプレッションだが、同じアルミを使用したファーナSLとは意図通り別物に感じた。ペダルを踏むたびにパリッと答えてくれるファーナSLに対し、ファーナSL2はぐっと“ため”を挟んで推進力に変えてくれる。その際、路面に張り付くような重心の低さと安定性を感じられるため、ダンシング時のフィーリングはある種独特なものだった。バイクの挙動を気にすることなく、自らは踏力に集中できるので余裕を持ったコントロールができ快適に感じる。

アルミだが、カーボンバイクに引けを取らない潜在能力が魅力の一台 Photo: Masami SATOU

 どちらのファーナが速いのか。それは脚質で選ぶことになるはず。短い距離のヒルクライムやクリテリウムであればファーナSLを支持するサイクリストが多いだろう。一方のファーナSL2はじっくりと乗り込むことで味わい深さを感じるバイク。長距離のレースで間違いなく活躍するし、ハイペースのツーリングでも乗り手をサポートしてくれるだろう。

 これから競技を始めたい人にとって、欠かさず選択肢に入るバイクだと思う。完成車が税抜22万円という価格で、ガンガン乗り回せる堅牢さを備えたアルミバイクのため、コストパフォーマンスも優れているといえる。学生レーサーへよりおススメしたい。最新のアルテグラで組まれているため、パーツの選択肢も多い。個性派レーサーをガシガシと乗り回してみたいサイクリストにこそ、やや玄人気質なファーナSL2を体感してほしい。

■コーダーブルーム「ファーナSL2アルテグラ」
税抜価格:220,000円(完成車)
サイズ:430mm(適応身長:155~170cm)、465mm(適応身長:165~175cm)、500mm(適応身長:170~185cm)
重量:7.8kg(500mm)

松尾修作松尾修作

サイクリスト編集部員。10代からスイスのUCIコンチネンタルチームに所属し、アジアや欧州のレースを転戦。帰国後はJプロツアーにも参戦し、現在は社会人チーム「Roppongi Express」で趣味のレースを楽しむ。JBCFのカテゴリーはE1。数多くのバイクやパーツを試してきた経験を生かし、インプレッション記事を主に担当している。

関連記事

この記事のタグ

20~30万 20~30万円 アルミバイク コーダーブルーム バイクインプレッション

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
CyclistポケットTシャツ

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載