普段は走れないオーバルコースを走ろう!オートレース場でママチャリレース 山口県の山陽オートで3月開催

  • 一覧
山陽オートレース場(写真提供 日本トーター)山陽オートレース場(写真提供 日本トーター)

 山口県山陽小野田市の山陽オートレース場で3月、オーバルコースを使用した自転車耐久レースが開催される。参加費は無料。

 3月30日(土)に行われるこのイベントは、地元密着のイベントとして、今回が初開催。好評であれば翌年以降も続けていきたいという。レースはチーム対抗で、各チーム3~4人。90分での周回数を競う。

 出走する自転車は「BAAシール付」とされ、いわゆる“ママチャリ”でのレースとなる。変速機付きも可能だが、電動アシスト付き自転車は不可。1台の自転車を各選手が交替で乗る形式になるという。

 参加対象は9歳以上の男女。募集定員は50チームで、応募者多数の場合は抽選となる。参加費用は無料だが、雨天時に翌31日に順延となった場合にも参加可能であることが条件となる。

 参加申し込みは、同レース場ウェブサイトの「お知らせ」から参加要綱をダウンロードし、事務局に応募する。締め切りは2月28日(必着)。

 オートレース場のオーバルコースは内周500メートル、幅30メートルで、約2.25度の傾斜が付いている。

山陽オートレース場 ウェブサイト

この記事のタグ

イベント

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載

連載